備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

美しい学校-その2

 先日書いた古い学校紹介の続編。個々の説明を小文字にすると読みにくいというご意見があったので、説明も同じ文字の大きさとし、幼稚園から大学まで、ごちゃ混ぜに羅列させていただく。見づらいけどおゆるしを。

聖園マリア園
 秋田県小坂町にある聖園マリア園(幼稚園)。「小坂鉱山で働く人の子供達のために教育施設を」という聖心愛子会(後の「聖心の布教姉妹会」=ローマ教皇庁公認の修道会)会長シスター・テレジアの呼びかけに、当時鉱山を運営していた藤田組が応え建設された。
 竣工は昭和7年。戦後は社会福祉法人こばと会の保育園として、平成4年まで現役にあった建物。国の登録有形文化財。

土浦中学校
 茨城県土浦市にある旧制土浦中学校本館(現県立土浦第一高等学校)。明治37年竣工。県庁の技師であった駒杵勤治設計の木造校舎。駒杵はは20代で県内の学校を次々に設計し、その後政府の仕事をするようになっているので、彼の出世作の一つといえるだろう。
 学校建築としてはかなり意欲的なデザイン。中央の破風と二つの塔が印象的で、一階建てだがより大きな建物に見える。国の重文。

水海道小学校本館
 茨城県の水海道小学校本館。現在は水海道(現常総市)から水戸市の県立歴史館に移築されている。明治14年竣工。
 地元民の寄付によって建てられた学校で、設計施工は大工棟梁羽田甚蔵。横浜の洋館を見学して意匠を考えたという。
 当時の擬洋風建築には華奢なバルコニーが多いが、これは建物の張り出し部分と一体化しているので、大きく堂々としている。チャイム代わりの太鼓を吊るした塔に、小学校らしい可愛らしさを感じる。歴史の中で改築が繰り返されたが、現存していた図面を基に竣工当時の姿が復元された。県の文化財。

盛岡高等農林学校
 岩手県盛岡市の旧制盛岡高等農林学校本館(現岩手大学農学部)。大正元年竣工(明治45年という資料もあった)。
 日本初の高等農林学校であり、そして何より宮沢賢治の母校であることで有名。設計は文部省の谷口鼎。比較的地味な手堅いデザインだが、それが周囲の標本林や庭の緑によく溶け込み美しい。国の重文。

金沢四高
 石川県金沢市の旧制第四高等学校本館。明治24年竣工。国家がエリートを育てる目的で設立した8つの旧制高校の一つ。まるで官庁のような二階建ての煉瓦建築だ。地方の旧制高校は、地元の国会議員が誘致合戦を繰り広げるような、教育における権威の象徴であった。
 設計は文部省の山口半六と久留正道。屋根は寄せ棟で和風の瓦で葺かれているが、稜線の装飾や煙突がそれを感じさせない。国の重文。

柳原学校
 滋賀県の安土町にある柳原学校。元は高島郡新儀村(現新旭町太田)にあったが、安土考古博物館に隣接する近江風土記の丘に移築され、公開されている。
 地元民の寄付によって建てられた、小さな可愛い小学校。明治9年竣工。大工棟梁清水吉平による木造二階建。瓦に漆喰壁という日本建築であるが、浅葱色の塗装とバルコニー廊下、鎧戸によって洋風に見える。鐘楼のような塔にはやはり太鼓が吊るされていた。県の重文。

旧制松高
 長野県松本市の旧制松本高校校舎。金沢の第四高校と同じ目的で作られた旧制高校の一つだが、明治に作られた第一から第八までの高校に対し、その後の大正時代に増設された旧制高校は所在地の名前で呼ばれることになった。信州の山々に囲まれた美しい木造校舎として知られる。大正9~12年の竣工。国の重文。
 「どくとるマンボウ」こと北杜夫の母校で、学校生活の様子が「どくとるマンボウ青春期」に活写されている。きれいに補修され、現在は市民の集会場や展示場などに使われている。下はその写真。
松高イベント

松高内部
 見学に行った日はこの有様で、内外ともに建築物としてのイメージを伝える写真はほとんど撮れなかった(これはこれでとても面白いが)。見学される場合は校舎の利用予定を確かめられた方がよいだろう。
 歴史的な建物をこんな風に使うことには様々なご意見もあろうが、市民に開放し保存のための予算に理解を得るためには仕方がないのである。文化財は国民共有の財産であるから、管理は国民に開放された形でやるべきだと思っている。

 松高のイベントで話が横道にそれたが、最後は本年度まで現役で、子供達が通っていた小学校。
吹屋小学校
 岡山県高梁市にある吹屋小学校。明治42年竣工。現役小学校では最古の建物であったが、過疎による少子化でこの記事を書いている平成23年度を最後に廃校が決定された。
 雪が積もった山を越えてたどり着いた小さな学校から、子供達の声が聞こえてくる様子は、美しい夢の世界に佇むかのような体験であった。もちろん授業の妨げになるので、旅行者は学校の外から見学するだけだが、それで十分であった。だから内部がどうなっているかはよく知らない。廃校となるのは誠にもって残念で悲しい。県の重文。

 また学校の写真がたまればご紹介したいと思う。
関連記事
Comment

No Title

明治時代は新しい学問や西洋の文化を学ぶ
べく学校も欧風建築が多いのですね。
バルコニーや塔屋がいかにもって感じで。
学ぶことを応援する大人の気持ちも気合が
はいってるようで、今とは大違いですね。
鐘の替わりに太鼓~~昔の半ドンってこれから
きたのかしら?

Re: No Title

> 学ぶことを応援する大人の気持ちも気合が
> はいってるようで、今とは大違いですね。

 子供の勉強を応援する大人の気持ちは今も昔も変わらないと思いますけど、今の方が本人や家族の個人的な幸福を追求する色彩が強い気がしますね。昔、特に日本が発展途上国や新興国だった時代は、お国の役に立つ人間になれというような、公的な色彩が強かったと思います。

> 鐘の替わりに太鼓~~昔の半ドンってこれから
> きたのかしら?

 いろんな説がありますが、よく言われるのがオランダ語の日曜日=zondagが、ドンタクとなまり、土曜は日曜の半分ということで「半ドン」。
 あと、明治時代はいくつかの都市で、お昼の時報に大砲を撃っていて、町の人達はそれを「お昼のドン」と呼び、土曜は仕事が半分、ドンの音で終わるから「半ドン」と言う説があります。
 大阪市の場合は大阪城の天守台で撃ったそうで、その大砲が今もそのままおかれています。時計が普及したころ、近所の人がうるさいので大砲はやめたそうです。

http://blog-imgs-48.fc2.com/c/i/c/cicadan/2011110719105934d.jpg

No Title

ちょっと言葉足らずでしたね。いま教育に熱心
なのは親が自分の子供だけに対してですね。
昔はおっしゃるように公的な色彩というのか
自分の子供のみならず、将来を背負う子供たち
を皆で応援する~~って意味で書きました。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ