備忘録/自然・文化・社会とニュース

社会とニュース

「自転車は車道」場当たり的な交通行政

 警視庁が自転車の車道走行を徹底させる方針を打ち出し、現場の警官は、幅3m未満の歩道では自転車を車道に下ろしたり、歩道をゆっくり走るよう指導を強化するらしい。

歩道自転車01
車道を走る自転車を見るといつもハラハラする。自分の家族が歩道から出てこのように車道を走っていたら、直視できるだろうか。
歩道自転車04
このトラックのドライバーは、自転車を追い越すとき、十分な間隔を空けるために、黄色のセンターラインを越えて、対向車線に大きくはみ出した。自転車と同じ速度で走り続けるわけにもいかず、かといってこのくらい間隔を空けないと、自転車がふらついたとき引っ掛ける恐れがあるからだ。

 まったくもってデタラメな交通行政のありようだと思う。
 今回打ち出された方針の原因は、自転車と歩行者の事故件数がこの10年で4倍に増えたことだろう。
 しかし警視庁の統計によると、自転車がらみの死亡事故で対歩行者のものは、年間0~4人(2006~2011年)で、対自動車は232~319人(同)と、自転車が歩行者を殺すより、自転車が自動車に殺される方がざっと100倍ぐらい多いのである。

 自転車を歩道から危険な車道に追い出せば、自転車に乗った人の死傷率が上がることは容易に想像がつく。車道と歩道を区分するガードレールや段差は、自動車から歩行者だけでなく自転車も守ってきたのである。

 歩行者と自転車の事故を問題視するなら、同じ空間の中で歩行者と自転車の関係改善を考えるべきだ。もし、歩行者と自転車を離すというなら、それらは自動車からも離さなければならない。自転車を歩行者から離し、それを自動車とくっつけるのなら、交通事故の組み合わせをかえただけで、安全対策などとはいえない。しかも、自転車と自動車の方が重大事故が起きやすいのだ。
 ノーヘルで体がむき出し、自動車にぶつかられたらひとたまりも無いという点では、自転車も歩行者も同じである。だから、自転車を車道に出すのも、歩行者を車道に出すのも、基本的には同じ。どちらも危険な行為なのだ。多くの人の場合、自転車は歩くより不安定で道幅をとるから、より危険かもしれない。

 今回の方針の法的根拠は、道交法の旧態依然とした「車両」の定義に基づくもので、それによると、自転車はもちろん、人が曵く荷車や人力車も、スポーツカーや大型ダンプも、同じ「車両」として、同じ道路区分の中を同じルールで通行することになっている(ただし自転車や荷車などの「軽車両」は、歩道のない道路の両端に引かれた白線の外の通行も認められている)。大量の車がビュンビュン通る広い道路は、たとえガードレールに守られた歩道があっても、その幅がせまければ自転車も車道を走れというのである。

 現在、歩道があるような広い道路の制限速度は40~60km/hである。そこを大型トラックからバイクまでが制限速度を上回る速度で大量に走り抜けていく。普通の自転車なら一生懸命こいでも20km/hが限界であろう。
 ヘルメットもかぶらず全身をむき出しにした人間が、加速が悪くスピードも出ず、ブレーキもチープ、風でよろけるような不安定な乗り物に乗って、全く性能が違う鉄の塊の群れに参加させられようとしているのだ。
 しかも、道路の端は傾斜や段差があり、大きなゴミが落ちていたりする。駐車中の自動車が前方を塞いでいたり、脇道から自動車が鼻先を突き出してくることもある。自転車の車道走行はあまりにも苛酷で地獄への近道なのである。警察官僚は、幹線道路の車道をママチャリで走ったことなどないであろうし、これからもあるまい。

 警察は自動車の運転者が思いやりをもって減速し、自転車との距離を十分に空けて追い越せばよいという。そんなことはもちろん承知であるし、道交法でそのように決められている。それでも危なくて恐いから、自転車は歩道があればそこを走るようになったのだ。
 それに、加減速と進路変更は事故や交通障害の重要なファクターである。ふらつく自転車におどろいて急ハンドル、急ブレーキをかけて事故を起こすこともあるだろう。また交通渋滞は車の流れに緩急がつくところに起きるのであるから、自転車が大量に車道へ出ることによる、渋滞の増加も覚悟せねばなるまい。

 対策は簡単ではないかもしれないが、自転車の登録手続きと対人対物保険の加入を強制し、運転も許可制にするのが近道だと思う。自転車には免許制度こそなかったが、道交法ではきちんと網がかかっており、危険な運転は禁じられている。基本的にはそれを罰則付きできちんと運用するだけの話である。
 警察と競輪のJKA(旧財団法人自転車振興会)、さらに保険会社が組めば可能であろう。天下り法人を作れば警察官僚も喜ぶにちがいない(笑)。未成年については学校に自転車運転許可カリキュラムを設け、学校以外の公費で外部委託するしかないな。日本の学校は実効性のある交通安全教育と消費者教育が欠如しているからよい機会ではないか。
 *追記 中学生以下と70歳以上の高齢者は除外されるらしい。ほれみろ、やっぱり危ないことは認めてるんじゃないか。スポーティーな自転車に乗る中学生より、ママチャリに乗る中年の方が不安定だと思うぞ。
 取締は警察が自治会や警備会社に委託すればよい。すでに駐車違反取締を民営化し、うまくいっているように見える。
 小型船舶振興会(競艇の財団)と運輸省がいっしょになって、海外には存在しないプレジャーボートの免許制度という珍しい体制を作り上げた日本である。やってやれないことはないだろう。自転車がルールを守れば、歩道の上で歩行者と共存することは可能である。

歩道自転車03
歩行者と自転車の事故が増えたのは、自転車の増加と自転車の運転ルールが周知されてないことに原因があると思われるが、根本的な問題として道路が狭過ぎることがあげられる。

 手軽さが身上の自転車にこれ以上、官の網をかけるのはいかがなものかという意見もあろうが、放置自転車の山や、自転車には所有権がないとまで言われるほどのルーズな管理と盗難の横行。これらの解消にもつながるし、ある程度の規制は歩行者と自転車に乗る人のためになる。
 一部の不心得者が歩行者に与えた被害は赦されるものではないが、それに対する場当たり的な対応がより多くの人を危険に陥れるということの例にならないことを祈るばかりである。
関連記事
Comment

No Title

ママチャリ愛用の私としては他人事では
ありません。
もっとも、あまり上手な乗り手でないし冬期間
(冬も乗ってる剛の者もいますが、自転車にも
冬タイヤってあるのかしら?)はお休みですが
歩道を走る時は極力歩行者の邪魔にならないように
配慮しますし(特に下校中の小学生のかたまり
などいれば押して通る)
上手く歩行者と自転車が共存できることを
願ってます。
必ず車道をと言うことになったら、自宅から
反対方向の車道に渡らなければならない場合
もあるし、自転車の手軽さが損なわれますよね。

Re: No Title

 物事には順序というものがあって、まずは、この10年で歩行者との接触事故が増えたというなら、10年前と今の何処が違うのか、そして事故の原因は何が多いのか、歩道でスピードを出してるのは誰なのかを調べる必要がありますね。
 その上で啓蒙活動なり取締なりをしてみればいいわけで、それらをせずに、結果がどうなるか分からないことを、とりあえずやってみるというのは愚か者ですね。

 登録された自転車は全国に7万台ぐらいあって、歩行者との事故は2千数百件ありますから、それだけを較べると随分多い気がします。しかし、自転車運転中の死傷事故は18万件もありますから、実際の自転車は100万~1,000万台の間にあると思います。つまり、何がいいたいのかというと、ほとんどの人は歩行者を傷つけるような運転をしていないってことです。
 だから自転車に乗ってる人はもっと怒っていいと思います。とにかく、愚かな実験に付き合って怪我をしたら何にもなりません。歩行者が多い所は押すとか、警官の目を盗んでゆっくり走る(笑)などして、自分の身はで自分で守って下さい。

 行政は自転車を邪魔な乗り物と考えているはずです。放置自転車も盗難も面倒な問題だし車との事故も多いし。政治家や官僚は、道路は国を支える産業である自動車メーカー様と、歩行者の二つだけが使うように単純化したいのでしょう。それ以外のややこしいものは全て切り捨てるつもりに思えます。二輪も激減したし、次は自転車のようです。

歩道走行は危険

歩道は中学生は走れないはず。
歩道を走っていいのは中学生以下ではなく、中学生未満ですね。

また、自転車は20キロは普通に出ます。
一生懸命こいで20キロが限界なのは空気が入っていないか、整備不良か、故障した自転車でしょう。
一生懸命こげば30キロ、立ちこぎで40キロ、下り坂で45キロ以上でます。
電動自転車やスポーツ自転車ならもっと簡単に20キロなんて出てしまいますよ。老人だったとしても。

歩道走行の方が危険です。
自転車は歩道を走らせている方が事故が多い。
自転車は歩道での徐行を守っていればほとんど問題がないものを、
歩道で違反して20キロ~30キロで平気で走ってる。
そのまま歩道から急に横断歩道に飛び出す。
さらに「自転車は優先意識」が非常に強く、先に右折や左折してる先行車に対して「自転車が優先だ邪魔するな」と言わんばかりに特攻をかけてきます。
結果車との事故が増え、歩行者からも苦情が出て、車道に出る運びになりました。

歩道の徐行義務は歩行者の安全だけでなく、猛スピードで歩道の左右両方から現れる自転車は自動車が対応できないという問題があるから徐行なのです。
歩道のが安全であれば、30キロしか出せない原付も歩道走行になってもおかしくないでしょう。

また、世界各国で車道走行が常識です。
狭い道路や自転車レーンがない道路でも車道です。
もし、歩道が安全ならば世界でも歩道走行が常識になっていたでしょう。

Re: 歩道走行は危険

中学生「以下」ではなく「未満」とのご指摘ありがとうございます。

>自転車は20キロは普通に出ます・・・

 本稿では「普通の自転車」として競技車輛に近いものは除外して論じています。多くの自転車には速度計がついていないので正確な速度が分かりにくいと思いますが、自転車専門サイトのFRAMEではママチャリの平均速度は12〜19kmとしています( http://jitensha-hoken.jp/blog/2015/06/speed/ )。私も自動車で並走した経験から、そんなもんだと思います。
 また、自転車はブレーキがプアで、制動時の重量バランスも不安定なので、複合交通の中での高速走行は大きなリスクを伴います。
 坂道なら45kmどころか場合によって80kmぐらい出るでしょうが、それは自転車の性能ではなく、位置エネルギーによる転がりなので、曲がる停まるが不自由となり、一般的な「走行」とは呼べません。
 一般国道の自動車の制限速度は40〜60kmですが、空いていればプラス10km以上で流れていますから、40kmぐらい出せるロードバイクであっても、自動車との速度差は大きいと思われます。

>自転車は歩道を走らせている方が事故が多い。

 統計では自転車と歩行者の事故より、自動車との事故の方がはるかに多いのではないでしょうか。もし逆のデータをお持ちでしたらお教え下さると幸いです。そのことを追記したいと思います。

>「自転車は優先意識」が非常に強く

 優先順位はどうであれ、車道を走って自動車との接触事故を起こせば痛い目に合うのは自転車なのに、よく恐くないなと思います。自転車の危険行為でも自動車側も責任を問われるので、気をつけるしかありません。少しでも責任の所在を明らかにしたい人が多いのでドライブレコーダーが普及したのでしょう。

>歩道のが安全であれば、30キロしか出せない原付も歩道走行になってもおかしくないでしょう。

 加速性や最高速度、質量などを考えると、自転車よりはるかに危険ですから、そんなことはあり得ません。

>世界各国で車道走行が常識です。

 これは運転意識、責任意識、道路整備状況などが国によって違うので簡単には比較できません。ヨーロッパなどには、公園にも舗装路があって、スポーツ自転車と歩行者が空間を共有しているところもありますし(フラフラ歩いていると自転車にひかれます)、車道通行といっても自転車専用レーンが設けられ、しかも自転車の追い越し車線まで設けられている都市もあります。また、明確な通行区分がなく、人も自転車もオートバイも自動車も入り乱れて通っている都市もたくさんありますが、あれはとても危険で、私などは歩くのも運転するのも嫌です。そんなのが常識なら非常識な日本の方がいいですね。

>もし、歩道が安全ならば世界でも歩道走行が常識になっていたでしょう。

 日本の交通事情と道路事情、運転者の意識では、全ての車輛を一律に車道をを走らせると、自転車と自動車の事故が増えるので、ゆっくり走る自転車は歩道を通ってよしとするのは合理的な選択肢といえましょう。歩行者がデタラメに歩き回り、自転車も自動車も飛ばしまくる世界のいくつかの町よりは安全だと思います。

興味深いご意見ありがとうございました。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ