備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

昔の発電はベンチャーだった

 黎明期の電力会社は小規模で多分にベンチャー的であったが、第一次大戦の戦争景気で日本の重工業が盛んになると電力事業も発展し、今日につながる発電所の大型化や長距離送電の基礎が形成されていった。今回はそんな時代に「電力王」と呼ばれた胡散臭い男の足跡を紹介したい。その人物は前回の記事で紹介した、大井ダム・発電所を造った福澤桃介である。

すべての写真はクリックすると別窓で大きいデータが開きます。
桃介橋1

 まず上の美しい吊り橋をご覧頂きたい。これは福澤桃介が、読書(よみかき)発電所の建設資材を運ぶために木曽川に架けた通称「桃介橋」である。大正11年(1922年)に完成し、全長は約248m。完成当初はトロッコのレールが敷かれていた。場所は木曽川の南木曽町(なぎそまち)にある。
 しかし、航空写真を見るとおかしな事に気づくだろう。上の青い目印が桃介橋で、下の目印がすぐ下流にある現代の三留野(みどの)大橋である。桃介橋はわざわざ川幅の広い所を選んで、しかも斜めに架けられているのだ。おかけで三留野大橋の倍以上の長さになっている。
 +をクリックすると写真の拡大。ドラグで移動。Googleマップより引用。
 
 大きな地図は ココ で表示

 なぜこんな無駄の多いやり方で橋を架けたかというと、単に立派な橋を見せびらかせたかっただけ。架橋技師達は、川幅の狭い場所を選び、最短距離で橋を架けようとしていたらしいが、桃介の我が侭のおかげで、建設資材は500mほど遠回りして運ばれることになる。当時の補給担当者は毎日ぼやいていたことだろう。福澤桃介はそんな社長であった。

 福澤桃介は埼玉県中部の貧しい農家に生まれ、元の姓を岩崎というが、岩崎の本家は川越にあって、そちらは銀行の経営に参加するような資産家であった。桃介は本家のコネで第八十五国立銀行に就職している。裸足で登校するほど貧しかったというが、村では有名な秀才で、しかもかなりの男前であったらしい。
 桃介は、日本一の芸者と賞賛された川上貞奴と暮らしたことで知られているが、貞奴以外にも人生の転機に名のある女性の世話になっており、若い頃から胡散臭さ万点の人物なのである。

第85銀行
第八十五国立銀行(現埼玉りそな銀行)

 一人目の女性の名前は知られていないが、彼女の父親が有力者で、その伝手で慶応義塾に入学したといわれている。ネットで旧川越藩士眞野秀雄という名前を見つけたが、慶応出身の海軍大将真野秀雄と同一人物かどうかは確認できなかった。
 その次に関わった女性は、なんとあの福澤諭吉の妻。慶応の運動会のときに彼女の目にとまったというのだ。いかにも怪しいエピソードだが、福澤家と急に親しくなったことは事実らしく、在学中に福澤諭吉の養子になったという。あまりにも調子が良過ぎる話なので、養子というより、諭吉の内弟子や書生といった待遇だったのかもしれないが、いずれにしても、若き日の桃介は利発で姿もよく、男女を問わず人を惹き付ける何かを持っていたのだろう。
 このときすでに、貞奴との交際も始まっていた。

福澤桃介
福澤桃介 撮影年不明 
版権切れ ウイキメディア・コモンズより


 慶応義塾を卒業した桃介は、福澤家の援助で渡米。鉄道や工場などの産業施設を視察している。そして帰国するとすぐに、福澤諭吉の次女ふさの婿となり、高名な福澤家という家柄を手に入れた。以後福澤桃介と名乗って船会社や製紙会社などのエリート社員として働いている。
 ところが5年ほどすると肺結核を患い療養生活に。江戸時代ならこれで桃介伝は終わりであるが、当時すでに結核は治る病気となっていた。桃介が一般的な病人と違っていたのは、療養生活中に株式投資に熱中したこと。退院するころには、今の価値で数十億円の金を稼いだというから驚きである。
 桃介は天才相場師として投資家向けの実用書などに登場するし、金儲けに関する著書も残しているが、株取引に成功した大きな理由は、やはり日清戦争の戦勝バブルと、彼が身に付けていた産業の知識にあるといえる。その後バブルがはじけると、株式投資から足を洗って、株で得た資金を基に実業に乗り出している。
 最初は鉱山経営をしたり、重役として日清紡に関わったり、また代議士にもなったが、最も成功し名を成したのは木曽川の電源開発であった。

読書発電所
大同電力時代の代表的発電所「読書発電所」

 電力王としての歴史は、既存の名古屋電燈の役員に就任し、鉄鋼産業用に木曽川の電源開発に着手したところから始まる。桃介は名古屋電燈から鉄鋼部門と電源開発部門を分離してその社長に就任する。また同時に京阪電鉄との共同出資で大阪送電という会社を設立し、名古屋ではなく遠く離れた京阪地区へ送電線を伸ばすという、当時としては画期的な事業を開始した。今、電力会社の独占状態を解消するために、発電部門と送電部門を分離すべきだという議論があるが、大型電力事業の始まりは発電と送電が別々の会社であった。
 後にこの2社に日本水力株式会社を加えた3社が合併して、今の電力会社のような発電送電一致の大同電力株式会社となり、桃介は引き続き社長を務めた。

読書水路橋
読書発電所に続く柿其水路橋
読書水路暗渠
水路は暗渠となって山を貫く

 大同電力時代の旗艦的な発電所は、前回紹介した巨大なダムを擁する大井発電所だが、それに先駆け造った同クラスの発電所が読書(よみかき)発電所である(1923年/大正12年運転開始)。読書は発電所のある村名で、与川(よ-がわ)村、三留野(み-どの)村、柿其(かき-ぞれ)村の三村合併でできたことに因んでいる。無筆の人が多かった明治初期に「読み書き」の名は新しい時代を感じさせるよい名前に感じられたことであろう。
 読書発電所は長らくダムを持たない水路式発電所であったが、1960年に取水堰を大型の読書ダムに替え、発電機を増設している。しかし古い水路はそのまま利用されており、建屋と水路設備が国の重要文化財に指定されている。現役の発電所で国の重文はここだけ。発電能力は当初4万kWクラスであったが、現在は11万kWを越えている。

須原発電所
須原発電所

 上の写真は読書発電所の上流に前年(1922年)造った須原発電所。建屋は装飾が多く教会のような塔まで備えている。木曽川の岸に建てられ、ダムの無い水路式発電で、2つの水車で最高1万kWの出力を得ている。
 桃介は工場には飾りなどいらないという考えの持ち主で、美観を重んじる設計者に、無駄なものは着けるなと命じていたという。しかし、外から批判を受けて考えを改め、大同電力時代にはこうした美しい建物を残した。

桃介館02
発電所建設中に桃介が住んだ山荘。

 大同電力は、戦時政策で日本の電力会社が整理統合されるまでの20年ほどの間に、木曽川水系に少なくとも7つの発電所を建設している。こうした活発な電源開発は、川を利用する農家や林業者との間に紛争を招いたが、業界に活力があり面白い時代であったと思う。
 桃介が木曽川沿いに次々と発電所を造っていたとき、その前線基地に使っていたのが上の山荘である。桃介はここで愛人の貞奴と暮らしながら現場を監督した。
 貞奴は、山荘で大人しくしているような人ではなく、桃介といっしょに現場を回り、男でも怖がるような危険な場所にも平気で出かけて行ったという。また桃介は会社経営や議員の仕事があるので木曽を離れることも多かったが、貞奴は山荘に残り、桃介の代理として赤いオートバイを駆って現場を回ったと伝えられている。まるで映画のようにカッコイイ現場指揮官ではあるが、中間管理職の男達はさぞやりにくかったであろうと思う。

桃介館01 桃介館03
この部屋からは桃介橋が見える。

 福澤桃介は日中戦争が本格的になり始めた1938年(昭和13年)2月に亡くなっている。墓所は東京の多摩霊園。そして翌年の4月、先に述べた通り戦時政策として全国の電力会社が統合され、桃介が情熱を傾けた大同電力は消滅した。
 日本の電力会社は半官半民の日本発送電株式会社1社となり、その状態が1951年(昭和26年)まで続く。現在9社ある日本の電力会社は、日本発送電を地域ごとにただ分割したものに過ぎず、企業としての異常性はこの一点にあるといっても過言ではないだろう。福澤桃介の発電所は、大半を関西電力が引継ぎ今も稼働させている。

貞奴
貞奴 撮影年不明 
版権切れ ウイキメディア・コモンズより


 桃介の死後貞奴は、戦時中ということもあってひっそり暮らし、終戦の翌年、熱海の別荘において75歳で亡くなった。墓所は生前自分で建立した木曽川近くの貞照寺にあり、廟は大井発電所の方向を向いている。
関連記事
Comment

神奈川のお茶が!

桃介のことはNHKの大河ドラマで見たことがあります^^。
風間杜夫が桃介で、貞奴は松坂慶子だったと思います。
桃介は走るのがとても早かった、というシーンの記憶がかすかに…。

ところで、神奈川の南足柄市の茶葉から
放射性セシウムが検出されたそうですね!
わずかに基準を上回る数値だとしても、
福島原発から300キロも離れたところで!
東京も心配ですね。

Re: 神奈川のお茶が!

お読み下さりありがとうございます。

> 桃介のことはNHKの大河ドラマで見たことがあります^^。

あ、そうなんですか。見たかったなぁ。

> 福島原発から300キロも離れたところで!
> 東京も心配ですね。

 いや、もうしっかり汚染されていますよ(笑)。ところどころ強いところがあり、まだらになってるようです。日常的にセシウムが水道水に現れるのは時間の問題でしょう。中部や近畿でも、そのうち変化が現れるようになると思います。これから長い年月、日本人は放射能とどう付き合っていくかですね。

 まあ、2回も爆発して、その後もダダ漏れが続いているのですから当然といえば当然なんですが。広島型原爆の何千個分の放射性物質が、湯気を上げながら野積みされてるようなものですからね。
 これは1年以上続くといわれています。つまり、少なくとも1年間は、毎日少しずつ悪くなり続けるということです。台風きたらえらい事になりますね。放射性物質をそこらじゅうに吹っ飛ばして(笑)。でも台風シーズンまで3か月。完全な防御は無理ですよね。現実とは思えないメチャクチャさ。

 日本人は、昭和20年の前半、頭の上に爆弾を落とされても、現実を認めようとしませんでした。今回も同じなんでしょうね。冷静でガマン強いんじゃ無くて、鈍感でバカなんだという気がしてきました。
 私はもうガンを警戒しても無意味な年令なので逃げませんが、子供や若者は逃げた方がいいんじゃないでしょうかね。

 またまた暗い話ですみません。明日の晩から静岡に行きますので、ちょっと計ってきますね。

日本発送電について

日本発送電について調べていてここに辿り着きました。
突然失礼致します。
私事なのですが、今年の正月に実家に帰った際、98歳のおばあちゃんと何気なく話をしていた時に、福沢諭吉を知っている、、ととんでもないことをサラリと言い出したことをきっかけに、いろいろ掘り下げてみたところ、、福澤桃介が目をかけていた増田次郎という人とうちのおばあちゃんが一緒に暮らしていたということでした。私自身、福澤桃介も増田次郎の名前もそれまで聞いた事もなかったのですが、いろいろ調べていくうちに、増田次郎という人は、昭和3年に大同電力社長、昭和14年日本発の国策会社である日本発送電初代総裁だったということ、後藤新平に気に入られていたということなどが分かり、これまた驚いている次第です。
いろいろと増田次郎という人についてもっと知りたいと思っているのですが、その他、何か知っている情報はありませんでしょうか?
知っていたらでいいので教えて下さい!
ちなみにおばあちゃんが言うには、当時、渋谷のデパートで、渋谷の増田です というだけで、デパートのものが何でも、もらえたと言っていました。。。(笑)

増田次郎の親戚さんへ

増田次郎の親戚さんへ
はじめまして。お読みいただきありがとうございます。
 増田次郎(歴史上の人物なので敬称を略させていただきます)は資料の少ない人物というわけではないのでしょうが、ネット上にはあまり情報がないようですね。
 増田完五という子息があり、二人で自伝を出版しているようです。それが今のところ一番の人物資料ではないでしょうか。
 昭和39年の、しかも私家版なので、手に入りにくい本ですが、日本の古書屋のデータベース調べてみたら幸い1冊ありました。
 増田次郎について研究され、御祖母様の話と合わせてwikiにでも情報をまとめて頂けるとありがたいです。
 これからもよろしくお願いします。

増田次郎自叙伝
増田次郎、増田完五(次郎子息)、1964(昭39)

個体状況
2,500円
私家版、函、本体(背ラベル痕)  A五 258頁

---------在庫書店情報--------
古書 観月堂 (カンゲツドウ)
〒2760023
千葉県八千代市勝田台1-22-4-104
TEL:047-480-7661
FAX:047-480-7662
通信販売- http://www.kangetsudo.com kangetsudo@nifty.com
担当者 佐藤 優

日本の古書屋該当ページ
http://www.kosho.or.jp/public/book/detail.do?tourokubi=6A4D5253EE04ADBD182659E3BC8B21F6FB25A9F0624C5B14&seq=44&sc=52D483850474DB88C036DA8DE735CD16

譌・髴イ謌ヲ莠下

譌・髴イ謌ヲ莠峨?譬ェ謚戊ウ?〒?難シ撰シ蝉ク?ィシ縺?〒縺?k縲ゅ◎縺励※貂玖ーキ縺ョ隲ュ蜷峨?蝨溷慍?謎ク?擡
縺ォ螳カ繧剃ス穂サカ繧らッ峨>縺ヲ縺?k縲ゅ◎縺ョ鬆
蜀?慍縺ォ?貞床縺ョ螟冶サ翫b譛峨▲縺溘?
譖ク逕溘d譚セ豌ク螳牙キヲ陦幃摩縺ェ縺ゥ螻??吶b螻?◆
縺?繧阪≧縲ゅ◎縺励※豌ク逕ー逕コ霑代¥縺ォ譯?ーエ闕
繧堤ッ峨″雋槫・エ繧りィェ繧後◆縲




2016-09-02 蠖ゥ鬥勗 さんへ

せっかくコメントを頂戴したのですが文字化けして読むことができません。
もし可能でしたら別のエンコードで再送していただけますと幸いです。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ