備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

黎明期の水力発電所

 日本の水力発電所は、1882年(明治15年)、旧薩摩藩主の島津氏が「集成館(実験的な近代工場)」に造ったのが最初とされるが、文書資料に乏しく、水路と伝えられる遺構が僅かに残っているだけなので、証拠不十分として、公式には日本初の水力発電所とは認められていないという。
 その翌年、集成館は解体され、就成所が新しく建てられることになったが、同時に発電所も建て直され、そのときの貯水桝と伝えられる遺構が残っている。場所は島津家別邸の中にあり、庭園の一部として公開されている。

画像をクリックすると別窓で大きい画像が表示されます

就成所
小規模な発電用ダムといえる貯水桝は石造りで、しかも石垣の上に乗っており、石材と石工にめぐまれた九州らしい造りだ。

 現在、日本初の水力発電所とされているのは、陸前宮城郡の実業家、菅克復(かん-こくふく)が、1888年(明治21年)に造った三居沢(さんきょざわ)発電所である。こちらは文書資料も遺構もよく残っており、東京や京阪より早く電灯が灯ったことが、宮城県民の誇りとなっている。
 菅は自身が経営する紡績会社の電源として、東京で買い付けた国産の5kw直流発電機と多数の電灯を、出来たばかりの東北本線で宮城に運び、自前で水車を開発して発電に成功した。
 その後所有会社が変わり、また発電能力も5kWから、30kW、75kW、300kWと順次増強され、現在の姿になったのは1909年(明治42年)。その時点での発電能力は菅時代の200倍、1,000kWとなった。戦後、東北電力がこの発電所を受け継ぎ、今も稼働を続けている。
 現在の仙台市の電力需用からすれば、数のうちに入らない発電規模であり、現役発電所というよりは、近代化遺産の動態保存という意味が大きいが、1,000kWといえば大きな工場や路面電車を動かすぐらいのことはできる(現在の通常運転は200~600kW程度)。

三居沢発電所導水管
現在使われている導水管(左は余分な水を捨てる余水管)。管長は約45m。貯水池からの落差は約27m。右に見えるレンガの遺構は古い水路の一部。

 発電機のある建屋は明治42年竣工。木造平屋で、現存する棟札から伊藤今朝五郎という棟梁の名が明らかになっているが、伊藤家が代々大工の家であるらしいということ以外、どんな人物なのかはよく分からなかった。実用的で簡潔な建物であるが、屋根には奈良時代の寺院建築のような鴟尾が付く。内部には発電機のメンテナンスなどに使う10tの天井クレーンが設置されている。現存する明治の水力発電所の建屋はレンガ造りが多く、木造建屋は珍しい。

三居沢発電所建屋
奥に見えるビルは「三居沢電気百年館」。三居沢発電所の歴史と周辺の自然に関する展示が無料で見られる。東電の原発PR館のような胡散臭さと過剰な豪華さがなくて好感が持てる。見どころは初代の5kw発電機(菅克復が買ったものではなく、東大が所蔵する同型機)。
三居沢発電所建屋鴟尾
屋根の鴟尾。なんでこんな古風な飾りがあるのかは不明。

 先に述べた1,000kWの発電機は、ドイツのジーメンス・シュッケルト社製で、同じドイツのフォイト社製の水車ともども、100年間も働き続けている。たった40年の寿命しか持たない原発とえらい違いだ。しかもこの発電所は、100年間排ガスも出さず、環境に影響を与えるほどの熱もだしていない。なんせ、木造小屋に置いても安全なのだから。こういうのが、人と地球に優しい発電設備といえる。

三居沢発電所発電機
三居沢電気百年館側の壁に大きなガラス窓が開けられ、発電機(左)と水車の容器(右)が見られるようになっている。ジーメンス・シュッケルトは世界で最初に電気機関車を造った会社で、このような1900年初頭の発電機は、当時買収したジーメンス・ウント・ハルスケの技術と思われる。ジーメンス・ウント・ハルスケの発電機は、明治時代にいくつか輸入され、現存するものもある。現在ジーメンス・シュッケルトは多国籍企業に発展し、名称は英語読みのシーメンスとなった。またフォイト社も水力発電設備などの会社として世界的に知られている。

三居沢発電所送電設備
三居沢発電所の送電設備。
関連記事
Comment

文化財は楽しい

まさに文化財は楽しい。

家の裏がすぐ藻岩山で歩いて10数分行ったところに
水力発電所があります。まさに↓の記事の写真のような姿です。
今は発電所としては使ってないけど、その放水路が豊平川に
合流するところまで水遊びのできる公園になってます。

この記事での貯水槽のあたりはまさにお庭の一角の景色ですし
古い水路の趣のあること♪

一概に古いものがいいとは言いませんが、原発のなれの果てを
考えると~~いやはや言ってもしょうがないね。

No title

 北電藻岩発電所ですね。
 歴史は古いですが、設備が一新され1万kwクラスの無人発電所になっているそうですね。取水堰のデザインが面白くて、北海道に行ったら見たいと思っているのですが、まだ実現してません。

 島津氏別邸の庭は仙巌園といって、鹿児島の名所の一つになっていて、篤姫のロケもやったとか(笑)。お薦めです。でも遠いか・・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ