備忘録/自然・文化・社会とニュース

社会とニュース

頼むから現実を受けとめて対応してくれ

 24日、放射能による出荷制限を受け、64歳になる農家の男性が自殺した。29日の報道によると。有機栽培で安全かつ上質の野菜を作っていることで有名な方であったらしい。悔しくて泣けてくる。
 家族によると「福島の野菜はもうダメだ」ともらしていたとのこと。これを過剰反応などいう者は無知な愚者だ。

Fukushima_001.jpg
福島第一原発から西方50kmの農地。退避地域ではないが汚染は進行している。こんな写真を見ていると、今すぐにも放射線物質の拡散を止めろと叫びたくなる。

 何が起きているか、かなりはっきりしてきたので、今後のことを断定的に書く。これが本当であるかどうかは、1年もすれば答えが出るだろう。決して恐怖を煽りたくて書くのではない。私が何かをいってもおそらく何の役にも立たないとは思うが、みんなに焦って対応して欲しいのだ。

 原発の周辺は、今後何十年も人が住めなくなる可能性がある。住民にとってこれほど残酷なことがあるだろうか。汚染はまだら模様にが広がっているので、精査が必要であるが、北西と南の汚染が酷い。
 もう十分に生きたから、せめて故郷で死にたいと言う人なら帰してあげたい気もするが、子供や若者を帰すわけにはいかない。当然、原発の周辺地域では世代交代が行われないから、いずれ直近の地は完全なゴーストタウンとなる。そんな事態を視野に入れて、学校や体育館でのキャンプではなく、他の町での新生活を視野に入れた準備が必要だ。農家の人なら休耕地への移転ということも必要かもしれない。キャンプ生活をいたずらに長引かせるのは苦痛を長引かせることになる。福島のパワーを別の場所の農業や産業の活性に結びつけるぐらいの発想の転換が必要なのだ。
 日本は昔から遷都を繰り返しているし、後の武家社会は領主の転封が多く、領民を連れて移動した例もある、などといったら故郷から追い出された避難民には申し訳ないが、現実的な対応として、新天地と新生活のサポートを真剣に考える必要がある。

 自殺した男性のいった、福島の農産物はもう終わりというのは、決してオーバーな表現ではない。実際に農地の汚染が進んでいるのだ。より安全な作物を求めて農業をしてきた人にとって、今回の汚染はこれまで積み上げてきたものの消滅を意味する。
 たとえ事故が収束しても、周辺の町村は、畑の表土を取り除き、新しい土を入れないと作付けができないだろう。原発によって「福島産」は不安なブランドにされてしまったので、もし収穫できても、最低クラスの価格に甘んじなければならないだろう。そんな場所で意欲的に農業をする人はいないから、汚染の少なかった場所でも農業が荒廃する可能性がある。だから防衛ラインを大きく引き下げて、移住を含めた日本全体の農業のデザインを考えるチャンスにして欲しい。
 
 海の汚染は深刻である。福島県沿岸に限らず、各地で生物濃縮され放射線をおびた魚がとれるようになるだろう。また放射線物質を吸着しやすい海草類にも同じことが起きる。消費者は自然と日本の水産物を避けるようになるだろう。そうでなくても衰退している日本の漁業はジリ貧となる。もし政府や自治体が、一次産業を救うために、事実を隠蔽すれば、健康被害のリスクを広範囲にばらまくことになる。安心するためには流通の各過程で丹念に選別するしかない。しばらくの間、第五福竜丸事件後の市場のようになるが、生産者も消費者も頑張って踏ん張って欲しいと思う。

原子マグロ

 原発事故とは、このように第一次産業を長期に渡って破壊するのである。
 政府はどこまで認識して救済の準備を進めているのだろうか。現時点では何も考えてないことが、以下のことから分かる。それは、報道写真で見た野菜の破棄風景である。
 農民が出荷できなくなった野菜を、耕耘機で畑に鋤込んでいるのだ。こんなことをしたら、次に作る野菜も汚染してしまうし、表土除去もしにくくなってしまう。行政は、土をかき混ぜずに、野菜だけを集めて処分するように手助けをしなければならないのだ。せめて、処分方法だけでも教えるべきだろう。

 日本は原発を国策としたために、安全性ばかりが強調され、放射能の危険性と防御や除染方法について、一切教えてこなかった。だから、政治家も役人も国民も、放射能というものがほとんどイメージできず、有効な手が打てないのだ。これが日本人にとって最大の不幸である。

 先手必勝という言葉があるが、安全確保とは最悪の事態を想定し、先回りして対応することである。希望的観測を並べて、最悪の事態になるまで動かず、動いても最小の手間にとどめようとするのは、愚者の極みである。
関連記事
Comment

No title

おっしゃるとおりですね。
私もその記事新聞で読みました。せっかく後を継いでくれる
息子さんがいたのに、良い畑を残せないことに絶望したんでしょうね。
でも、違う場所で息子さんを立派な後継者に育てるというお仕事も
あったのに~~それも行政がちゃんと農業をやれる代替地を
用意しての話ですものね。

露地物とハウス物では放射能の値も変わるのでしょうか?
そういう事も精査して食べられる野菜を無駄にしないでほしいなぁ。

Re: No title

> 露地物とハウス物では放射能の値も変わるのでしょうか?

 細かい塵はさけられるので違うと思います。今回のホウレンソウはハウス栽培だったと思うのですが、味をよくするために、出荷の少し前に「寒じめ」といって冷たい外気にさらすので、それで汚染が強まったのかもしれません。

 また、雨水には汚染物質が空気より濃く含まれますから、ハウスの周りから土に染み込んで、作物にとりこまれるかもしれません。

 汚染を防ぐためには、ハウスの気密性を高め、周囲に雨水の侵入を防ぐシートを敷いたり、土に板を打ち込んだりと、大変な手間がかかります。それに、灌漑用水が汚染されたら努力が水の泡になる可能性もあります。
 それでも、手間をかけた分高く売れるなら、皆頑張ってやるでしょうが、福島ということで買いたたかれるなら、苦しみが深まるばかりです。

 郡山と原発の間ぐらいの地域は、タバコの生産地で、ある取材のために月に1~2度ずつ1年間通いました。何故タバコの産地かというと、一言でいえばコメがあまりとれない土地だからです。タバコは手間のかかる作物の代表ですが、農家の収入の安定のために奨励されました。
 もちろんタバコは食品ではありませんから、食品検査の対象外ですが、JTは人件費の高い国産タバコの比率を下げようとしていましたし、いくら肺ガンのリスクを承知で吸ってるといっても、放射線物質を肺に取り込むのは困りますから、買い取り制限をすることは十分に考えられます。

 親切にして下さったタバコ農家の勤勉な人々や、職務以上の情報と便宜を与えて下さった、農業試験場の技官の方々の顔を思い出すと、日々土地が汚染され続けていることに、激しい憤りを覚えます。
 
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ