備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

日本のおカイコさん-1/虫の家畜で家虫?

 先日うひょ~峠の事を書いたが、その時に群馬県の養蚕関係ヘリテージをいくつかを見学してきた(富岡のことは一言書いたな)。動物の飼育史に興味があるので昆虫の「家畜」であるカイコは割と好きなテーマ。しかも養蚕は日本の資本主義経済の形成に密接な関係があるので、社会科の面からも興味は尽きない。今回はとりあえずおカイコさんのお話。

 人間はSFアニメみたいに動物を合成できないから、どんな家畜にもその素になった野生動物がいる。牛はオーロックス、馬はノウマ、犬はタイリクオオカミ、猫はリビアヤマネコからそれぞれ作られたとされ、カイコの場合は東アジアに分布するクワコという野生のガがそれにあたる。
 家畜の原種にはオーロックスやノウマのようにすでに絶滅したものもあれば、まだ利用した系統がよく分からないものもいて、断定的なことが言えない部分も多いが、カイコが中国産の現存クワコからできたということは、最近の研究で割とはっきり言えることらしい。

 クワコは翅の開張が3~4センチほどの茶褐色のガで、日本全国に分布し大都市周辺でもクワの木があれば見かけることがある。カイコと違ってちゃんと飛べるが、活発に飛び回るというようなガではない。地味なガなので見かけてもただ「気持ち悪いガがいた」の一言でかたづけられ、人類に多大な恩恵と苦悩を与えた栄光の血統に思いを馳せる人は少ないだろう。
 古代中国人はこのクワコを大量に飼育し品種改良を進め、今日見られるようなカイコを生み出した。昆虫の家畜となったカイコが西はヨーロッパ、南はインド・東南アジア、東は日本へと広まり、それぞれの地でさらなる改良がくわえられたというわけだ。遺伝系統の研究から日本の個有品種は、改良の途中で日本産のクワコを交配した形跡あるとされている。

 現在日本には、2ヶ所の研究施設に合計1,000種類ほどのカイコの品種が保存されており、意外に知られていない日本の大切な財産となっている。

 一番下に先日群馬で撮影したカイコの品種の極々一部を載せておく。虫嫌いでカイコが気持ち悪いという人もいると思うが、美しい絹織物はこいつらがいないと1ミリも織れないので、どうか我慢してご覧頂きたい。
 最近はクワの葉ではなく、クワから作った人工飼料で飼育されている。いくつかの写真でカイコといっしょに写っている黒っぽい色のブロックがそれ。人工飼料に含まれるクワの葉は全量の半分以下ということで、これを高めていくとうまく育たないそうである。生き物と食べ物の関係は不思議なものである。

 日本には優れた絹織物の伝統はあるが、生糸の生産力は脆弱で江戸時代まで絹糸は重要な輸入品であった。絹糸の産地として世界的に注目を集めたのは、日本の長い歴史の中で100年に満たない短い期間に過ぎず、今は衰退といってよい状況である。そして日本が絹糸を大いに生産していた時期は、日本が資本主義経済の下、欧米列強に近づこうと懸命にもがいていた時期なので、日本の絹産業は富国強兵策を支えるとともに、その歪みを引き受けることになってしまった。そのため絹産業をめぐる話には、今の日本の問題の始まりをたくさん見つけることができる。
 群馬県の絹関連施設の遺構を見て思うところが多く、以前行った長野県の絹関連施設ももっと丹念に見たい気持ちになった。来月ちょうど中央道方面に行く用があるので、ついでに色々見て回ることにする。世界遺産入りを目指す富岡製糸場への大きな疑問は、長野県の事も色々見た後で書こう。

ぐんま200_01-s
ぐんま200
姫蚕01-s
姫蚕
天門01-s
天門
レモン01-s
レモン
黒縞01-s
黒縞
多星紋01-s
多星紋
コブ01-s
こぶ

 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ