備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

うどんの茹で汁におけるトホホ

 以前、讃岐うどんの茹で汁が環境を汚染しているという話をマスコミがとりあげ、けっこう話題になったらしい(2004年頃)。その後うどんの茹で汁をバイオ燃料に利用するなどと、寝言は寝てから言え的な話もあったが、それに似た事が実現しそうだという記事が、日刊工業新聞(2010/06/11)にあった。

 記事によると「県は廃棄うどんを原料としたバイオエタノールの生成に乗り出す」そうで「県内中小企業が生産プラントを開発」し、「産学官連携で」「廃棄うどんの有効活用を目指す」のだとか。「冷凍うどん製造メーカーは年間2000万円程度かかる廃棄うどんの処理費用の削減にもつなげる」と張り切っているらしい。
 お調子者が私事で浮かれているとしかいいようのない話である。これが日本の地方行政の姿かと思うと情けない。
 自治体の議会と行政は地元有力企業のために働き、研究費が乏しい学者は産業に密着したテーマに群がり、地域の王者である有力企業は地元の官と学を安く利用して業績を伸ばすという図式そのままである。

 有機廃棄物を発酵させてガス、もしくはエタノールを取り出し(バイオエタノールって発酵でできるただのアルコールのことね)、それをボイラーで熱にかえて発電、給湯などに利用し、少しでも工場の経費の足しにする技術はすでに実用化されており、各地の工場が「自己資金」で導入し運用している。「県がのりだす」という表現は、まるで香川県が鎖国でもしていて、工業技術が著しく遅れているようで滑稽である。
 廃うどんは澱粉だから酵母が利用しやすい。だからプラントの基本的な原理は焼酎を作る工場と同じである。塩分を含んだ小麦粉でも性能を発揮する酵母もとうの昔に育種済み。産学官共同という派手な花火をあげたんだから、今後全国の工場が導入するような先駆的なプラントにしなきゃ笑われるだろう。

セルフの醍醐味
讃岐名物セルフうどん。この写真は前にも使ったかな?

 香川県でうどんが環境問題になった根本的な理由は、香川県の下水インフラの整備率の低さと、気候条件による河川水量の少なさにある。また、うどん屋さんは個人経営の零細商店が多く、排水処理施設の導入が難しいことや、メディアのグルメ情報によって、うどん店の数や消費量が伸びたことも影響している。
 工業新聞の記事には「香川」「うどん」「環境」という3つのニュースキーワードが入っているが、讃岐うどんの茹で汁問題とは全く別の話である。何で県が一つの企業の経費節減(しかもどこの会社でもやっているような事業)に乗り出すのか理解に苦しむ。県立廃棄うどん処理工場でも建てて、県下の製麺業者の廃棄うどんの処理をまとめて行うとでもいうつもりなのだろうか。

 マスコミで「うどん環境問題」がニュースバリューを持つようになったのは、讃岐うどんの茹で汁が環境を汚染しているという意外性と一般市民にとっての身近さにある。だからマスコミはさかんに取り上げた。

 しかし、うどんの茹で汁など大した問題ではないのだ。毒性はゼロ。微生物による酸化還元前であれば悪臭もなく、排水処理は実に簡単なのである。問題はお店から出るうどんの茹で汁が、何の処理もされないまま水量の少ない讃岐平野の小河川に流れ込むことにあるのだ。悪いのは自治体のインフラ整備のマズさである。
 本来なら自治体がしてこなければならなかった下水システムの整備を、うどん事業者に負担させることで解決しようとしているように思えてならない。爺ちゃん婆ちゃんのうどん店にそんなことができるかっ!!。だから対策は今も遅れている。
 雨が少なく「水に流す」ことが難しい県のくせに、全国で最下位に近い排水処理能力しか持たない事への反省の言葉は聞かれない。水が少ないなら、処理水の中水道活用等で全国の規範になってもよさそうなのだが。今の香川県の下水行政は非常に情けない状況にある。名物であるうどんの茹で汁でさえうまく処理できずにいるのだから。

御殿浄水場ポンプ
 これは大正10年に竣工稼働した高松の御殿浄水場の給水施設の一部で、この古い取水ポンプとモーターは昭和61年まで稼働していた。なかなかロマンチックな機械設備だと思う。水の少ない高松に香東川の伏流水を供給した先人達の意志を引き継ぎ、今の水行政に携わる人達にも頑張ってもらいたいと思うのである。

 かくして、讃岐の零細うどん屋さんは大量の茹で汁が人に迷惑をかけるのではないかと肩身の狭い思いを続け、なんとか排水処理設備が買える中小のうどん屋さんは、県に代わって排水処理費を負担した上に「環境にやさしい」などと味とは無関係な看板を出すことになる。

うどん屋さん用

 30年以上前に行った観音寺のうどん屋さん、客が来てから生地を伸ばし切って茹でていた。その間に漫画雑誌が何冊か読めた。あの頃なら裏の小川に茹で汁を流しても全然平気だったけどね。

 東京の人間が勝手なことをいうなとお思いだろうが、讃岐は子供の頃から高校生の頃まで、夏休みを過した自分にとってとても大切な場所。だから他の地方のことより腹が立ってしまうのだ。すまんのう、ゆるせよ。
関連記事
Comment

No title

一言で言って、この論説には、香川県と言う財政状況の悪い県が下水道を普及させるのにどれだけ苦労するかと言う視点が欠けてるので、賛同しきれない。

コメントありがとうございます

 コメントありがとうございます。
 行政の評価方法は色々あると思いますが、香川県の財政状況と下水道普及率の関係を示す数字をあげさせていただきます。もちろん地理や気候の問題がありますから、単純に比較はできないかもしれませんが、一つの目安にはなるかと思います。

 財務省が公開している都道府県の財政力の指標に「財政力指数」というものがありますが、これによると、近年の香川県は全国で20位台の前半を推移しています。つまり香川県の財政力は全国的に見て真ん中より上ということです(1位が東京都、最下位となる47位が島根県)。
 一方、香川県の下水道の普及率は、全国で41位(総務省統計局「社会・人口統計体系」2008)です。
 ちなみに、2012年の財政力指数が香川県と同じ0.43だった、石川、長野、富山の下水道普及率は、それぞれ12位(65.3%)、14位(63.6%)、10位(65.9%)でした(香川県は32.9%)。

No title

物事には陰、陽あり。
意見においても然り、賛、否、両論あり。
という訳で私は賛でございます。
弱者にしわ寄せが来ているのが現実です。

ちなみに我が出身県は60%を超えております。
実家でも15年ほど前に下水工事がなされました。
おかげでやっとトイレが水洗になりました。
結構な負担金を支払った記憶があります。

跡取り弟に嫁が来た当初早速、汲み取りにトイレに財布をドボン。
手馴れた父は、見事に素早くゴミ取り用の長金具で取り上げました。
財布もお金もきれいに洗い、干しました。
ブランド財布は駄目になりましたが、お札は匂い残りはしましたが無事です。
嫁をかわいそうに思った父は、当然のごとく自分のお札と変えてやりました。
それ以来嫁さんは父を大切にしてくれています。
父にとっては、良い「ウ ン」が付いたというところでしょうか。

なぜ父が財布拾いに慣れていたのかは、下記のとおりです。

「粗忽者の娘を嫁に出してヤレヤレだと思ったら、同じような嫁が来た。」

粗忽者の娘はもっと酷かった。
教科書の入った通学カバンも落としました。
慣れているハズです。

汲取トイレ

 秋田の偉人に乾杯さん、コメントありがとうございます。汲取トイレの話、懐かしく読ませていただきました。

 私の家は下町の貧しい長屋でしたが、確か昭和40年代に、町内で下水道の枝管敷設の説明会があり、子供だったので詳しい内容は分かりませんが、住民が集って何度も交渉のようなことが行われていました。負担金や補助金のことが話し合われていたのだと思います。
 待ち望んだ物がやっときたという雰囲気はありましたが、皆の表情はそれほど明るくはなかったように思います。

 安普請の狭い建物が密集する地域での下水道工事は大変で、しかも一度に工事を進めると何軒もの家がしばらく便所無しになってしまいますので、順繰りに誰かの家を共同便所にして、少しずつ作業を進めるという方法がとられました。
 当時は自治体の資金不足ということもありますが、公共工事をきっかけに都市を作り変えようという発想はなく、少しずつ地道に工事が行われました。なので下水道で町の様子が大きく変わるということはありませんでした。

 懐かしい汲取時代、物を落とすなんて日常茶飯事でしたよね。自分自身も2度ほど落ちたことがあります。洗ったお札が干されている光景も何度か見ました(笑)。下水道の発達で、そういう事件はなくなりましたが、人々のウンも多少落ちたかも知れません。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ