備忘録/自然・文化・社会とニュース

社会とニュース

とりあえず参議院議員選挙のこと

 この国の未来に興味を持つのはやめようと選挙があるたびに思い続けてきた。それでも毎回微かな期待を抱くのは何故だろう。やはりどこかで日本の未来を信じたいんだね。で、今回の結果だが、相変わらず「なんじゃこれは」という気持ちと「さもありなん」という気持ちが同居するような内容。

 「ふるさとの歌祭り」の宮田輝が自民から出てトップ当選したとき「なんじゃこれは」と思いつつ「おばんです」と語りかけられ喜ぶ人々の顔を思い浮かべて「さもありなん」と思った。今回、早々に民主に見切りをつけ自民を支持した人達のせっかちさには少し驚かされたが、色々な顔を思い浮かべてこれまた「さもありなん」と思った。そういう意味で日本人の基本的なメンタリティは不変、というかこれが議会制民主主義の本質なんだよな。

 具体的な感想を無礼を承知で一つ。谷亮子参議院議員殿、柔ちゃんと呼ばれていた頃のあなたはとてもチャーミングでした。でも白いスーツ姿で「感謝・啓」と書いたあなたはおブスでした。
 国会議員と現役の職業的スポーツ選手を両立させるなんてことを公言し、思慮の浅さを国民の前で披露した谷亮子。小沢さんよ、単純な彼女に参議院て暇だから大丈夫なんてこと教えたらダメじゃん。横山ノックだって立候補の時点で漫画トリオやめたんだから。

 こんな「議員でも筋(きん)」な人を担ぎ出したり、2議席独占を狙って敵を利すことになった「おっちょこちょい政党」民主は批判されるべきだけど、これまでの失敗を総括できないまま敵失で復調した自民は欠陥商品の安売りみたいで嫌だし、傾いた泥舟から逃げ出した連中もまだ何を考えているのかよく分からないし、何かときっぱりしてる赤旗教条主義の人達は古風で好きだけど、彼らが政府に参加して政策を実行する可能性はまずないし、村山・土井時代の自滅以来の低調を脱するかと思われた社民は、またしても自らミニ政党のレベルに戻ってしまったし、主権在池田と思ってる宗教政党は存在そのものが問題外だし、結局のところ、生きてる間に日本の政治的変化を見たい自分としては当面、政権をとって今までとちょっと違う事をやり始めた民主の連中を、寛大な気持ちで見守るしかない。衆参ねじれ現象の再来ですぐにガタガタになりそうだから、それに付き合うために自分の忍耐力の目盛りを少し上げておこう。
 ところで話は違うけど竹中平蔵と谷亮子って顔がちょっと似てるな。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ