備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

津軽の珍品建築

 平成の市町村大合併で弘前市に吸収されるのを拒んだ町がいくつかあって、そのなかの3町村が合併し平川市というのができた。今回はその町にある不思議な建物とそれを建てた人の話。
 
盛美館

 平川市猿賀町(昔の南津軽郡猿賀村)というところに盛美館と呼ばれる和洋折衷の建物がある(旧清藤家別邸/明治41年築/上の写真)。和風の屋敷の上に偽洋風建築の洋館をドンと乗せた風変わりな物件だ。洋館部分は膨張色である上、屋根が大きく塔まであるのでちょっとアンバランスに見え、これで今までよく倒れなかったもんだと感心してしまう。施工主の我が侭を見事に実現した棟梁は西谷市助。西谷の師匠は津軽を代表する名棟梁堀江佐吉である。

盛美館部分
 張り出して設えられた塔を真下で支えているのは2本の柱だけ。横方向の部材で重量を分散させているし、重い土壁と瓦を幾重にも乗せた城郭建築に較べたら、板壁と銅葺き屋根の小さな塔などどうってことないのだろうが、これを見るとなかなかスリリングだ。

 下は師堀江佐吉の代表作、旧第五十九銀行(明治37年)。これで木造だというのだから驚く。
青森銀行

 盛美館の内部は一階が見た通りの和風。二階は外観に反し和洋折衷で、和風の座敷に洋風の装飾をほどこしたものだ。靴を脱いで一階に上がり、足袋や靴下のまま階段を登るわけだから二階も座敷の方が都合がいいし、やはり完全な洋風より畳の方がくつろげると考えたのだろう。今回2階は撮影できなかったので詳細は伝えられないが、床の間のある畳の部屋の天井や幅木、床框、床柱などが漆喰による洋風装飾となっている。
盛美館2
 上の写真は2階へ上がる階段。石をはめ込んだように見える装飾は漆喰で作られている。白漆喰の唐草装飾とともに左官職人であった西谷市助の弟の施工と伝えられている。

 盛美館を発注したのは清藤家24代目(後述するがこの数字は怪しいと思う)の当主、盛美(もりよし)という人物で、着工までに日本各地の庭園や建築を見て歩き構想を練ったという。
 近世の清藤家は代々庄屋を務め、他の豪農がそうであったように商取引や金融も行い財をなしたと思われる。明治に入ると清藤家が所有する農地の大半は、明治政府の士族授産政策によって失われたというが、その後青森商業銀行や尾上銀行の設立に関わり、尾上銀行の頭取となったというから、土地は強制的な献上だけでなく買い上げ部分も多かったか、それ以前からおこなっていた商売で大きな収入を得ていたと推測される。多分その両方だと思うけど。

 盛美園(この建物を含む庭園全体の名)のホームページによると、清藤家は鎌倉時代から続く武家で、先祖は北条時頼や津軽為信に仕え、しかも有名な事件に関わっているというのだが、その内容は話としては面白いものの史実とは言い難い。ネット上にはそんな話を鵜呑みにした旅行感想文も多数あるが、それが是正されないのは人々の歴史に対する無関心さもさることながら、現在も清藤家が地元の名家として存続し、建物や庭園は今もその所有物であることが大きいのではないだろうか。ちょっと変だなと思いつつ地元で清藤家の実像を書くのは何かと気兼ねするのだと思う。

盛美園

 いずれにしても、清藤盛美は先代から受け継いだ資産を維新の動乱で失う事なく、明治政府の下でさらに増やして広大な庭園を持つ別邸を造営するほどの財力を得た成功者である。その足跡には成功に見合うだけの生々しい話もあったと思われる。例え悪い事があってもすでに時効であろう。そのあたりを知ることも立派な建物を鑑賞する楽しみとなる・・・のは私だけか(笑)。
 現在の清藤家当主は、この遺産の整備公開に努力されており、先祖の霊廟まで公開の対象として、自分の屋敷というよりは公共の文化財といった意識で向き合っておられると思う。
関連記事
Comment

お庭を拝見させて頂いた方の御先祖様に対して、推測で悪いことをしてきた(笑)~なんて失礼ではないでしょうか?
無礼で傲慢な物言いに言葉を失いました

No Title

>悪いことをしてきた(笑)

 こんな事をいったつもりはありませんが、何をもってこんなことをおっしゃるのでしょうか。私の歴史認識のどこが「言葉を失う」ほど「無礼で傲慢」なのか、もう少し詳しくご説明下さるようお願いします。

 また、私は庭や屋敷を公開して下さっている当家の方々を尊敬しており、本文中にも「現在の清藤家当主は、この遺産の整備公開に努力されており、先祖の霊廟まで公開の対象として、自分の屋敷というよりは公共の文化財といった意識で向き合っておられると思う。」と書かせていただきましたが、お読みいただけたでしょうか。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ