備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

学マン

【2009年03月03日の日記より】

学習まんがというものをご存知だろうか。
お勉強になることを漫画で説明するという
小学校の図書館で一番読まれているアレである。
略してガクマン。

私は学マンを愛している。
というか、学マンにも色々あって、あまり好きでないものもあるから、
学研まんがひみつシリーズを愛しているといった方がいいかな。
学研まんがひみつシリーズには特別な思い入れがあるのだ。

最初はダッさいマンガで、センス悪いなあと思っていた。
でも、よく見てみると巻ごとに良し悪しがあり、
良い刊はマンガもさることながら実に緻密に構成されている。
子供向けにテキトーに作っているように見えて、
なかなかどうして、独特の職人芸を持ったプロの仕事なのである。

一時コミックで成功した版元が、メジャーな漫画家を使って
学マン業界に参入してきたことがある。
売れっ子作家で従来の学マンを蹴散らすつもりだったのかも知れない。
でもその多くは学マンとしての出来が悪く、
蹴散らすどころか、返り討ちに合って消えていったものも多い。

学マンとは、上手い漫画家を連れて来て
学習図書をストーリーマンガ化すればいいというものではない。
編集者と作家の知識と知恵が物を言う世界なのだ。

私が好きな学マン作家は、なんと言っても
故 内山安二である。学マン界の巨匠だ。
中でも「できるできないのひみつ」が好きだ。

詳しく話すと単行本が一冊書けてしまう。
これぐらいでやめておこう(笑)
何故こんなことを話したかというと
この前行った宮崎の佐土原城の解説板で、
学マン作家の仕事を見つけたからだ。
しかも、山の中のあちこちに。
佐渡原城プレート
城には似合わないのだけれど、妙に懐かしく嬉しかった。
いっぱい城を見たけど、こんな説明板は初めて。

佐渡原城天守台
これは佐渡原城の天守台跡。 石垣も出ている。
面積は小さいが割石を積んだしっかりしたもので
礎石が出ているし、当日瓦片も見つけたから、
天守が上がっていたことは確かだろう。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ