備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

洞窟の聖堂

 ヨーロッパには洞窟を利用した修道院や聖堂が多くあり、教会建築の一カテゴリーとなっているが、日本にも一つだけ洞窟礼拝堂が残っている。それは禁教時代に作られた秘密の隠れ家であった。少し前のことではあるが見学したので、日本の教会建築見学シリーズ ? の一つとして付け加えたい。

岩窟礼拝堂B

 上が日本の洞窟礼拝堂の全景。そこは岡藩の武家屋敷街に近く、江戸時代は岡藩四家老の一人であった古田氏(古田織部の子孫)の領地であったという(大分県竹田市大字竹田)。左の格子がはまった入口が礼拝堂で、右の洞窟は司祭らの居住区跡とされる。
 岡藩の初代藩主中川英成の父中川清秀は、キリシタン大名の高山右近の従兄弟である。岡藩はキリシタンの取締りも行ったが、信徒に寛大な側面もあったとされる。また中川家の家紋は中川クルスと呼ばれる独特なもので、このことから中川氏が密かにキリスト教を信仰していたと考える人もある。
 また中川クルスはイエズス会の紋章とにているという人がいるが、そりゃ違うだろ(笑)と思う。

中川クルス 中川クルス
イエズス会紋章 イエズス会紋章

 作られた時期ははっきりしないが、宣教師の追放後も日本に留まったナバロ神父やブルドリノ神父が潜伏していたとされることから、17世紀の初頭、徳川氏による弾圧が強まった頃に作られ、以後密かに使われてきたと思われる。ナバロ神父は後に他の領内で逮捕され殉教した。
 礼拝堂は幅、高さ、奥行きがそれぞれ3メートル程度で、正面奥に祭壇らしきくぼみがあり(下の写真)、ささやかな十字架が置かれていた。

岩窟礼拝堂祭壇B

 その横には宣教師達が隠れたとされる洞窟がある。いわば洞窟司祭館であるが、開口部が大きく雨風が吹き込みそうなので、使用されていたときは板などで塞がれていたのだろう(下の写真)。

岩窟礼拝堂司祭館

 日本の洞窟教会は身を隠すためのもので、質素でなるべく目立たないように作られているが、ヨーロッパには一つの山が穴だらけにされて宗教都市を形成しているような場所もある。

Chiesa_di_Santa_Maria_di_Idris.jpg
INMAGINE The world's stock photo library 提供

 上は世界遺産に登録されているイタリアのマテーラの洞窟遺構群の一つ、サンタマリア・デ・イドリス教会の礼拝堂。最盛期には付近に100を超える洞窟聖堂があったという。
関連記事
Comment

No title

同じように洞窟聖堂と言っても、イタリアに比べて日本の聖堂の質素さに、
隠れて信仰しなければならなかった厳しさを感じます。
神父さんたちも昼間は狭い寒い(夏は暑い)司祭館に隠れて暮らして、
よほどの信仰心がなければ、生きていけませんね。
父なる神が恐かったのか、マリアの慈愛が支えだったのか…。
私なら、すぐ転んでしまうだろうなぁと思いながら、
つくづくと聖堂と司祭館の写真を見てしまいました。

No title

 当時の感覚を理解するのは難しいですね。今よりはるかに命の値段が安い時代で、身分の低い人の人生は、ほとんどが苦しみで、そこから逃れるのは死ぬときだけというようなことがあったので、宗教は今よりずっと重要だったと思います。

 転んだ人は、良心の呵責と神を裏切ったことに対する恐怖という苦しみが、その後の人生について回ったようです。いずれにしても個人の思想信条を暴力でねじ曲げるのは赦されないということですね。

 意外に知られていませんが、キリスト教だけでなく、浄土真宗も弾圧されました。ですから、弾圧が酷かった九州では、隠れ切支丹のような隠れ念仏集団がありました。しかも、宗教弾圧は明治になってもすぐには解消されませんでした。

 日本は国民同士が思想信条で厳しく対立せず、同じような考えで気楽に過せる幸福な国ですから、信教の自由を建前で理解していてもその本質を判ってない人が多いのが残念です。

 たとえば、神道以外の一神教を信仰する人にとって、自分の神は天皇より上です。ですから信教と思想信条の自由が保障された日本に、天皇制を否定する人がいても何ら不思議はありませんし、非難されるいわれもありません。
 そこで重要なのは、お互いの考えを尊重し、同じ土地でどうやって仲良く暮らしていくかです。それが日本人に与えられた新しい課題だと思います。
 私は日本人はこうあるべき、それができないなら日本から出て行けなどという人をとても警戒しますし軽蔑します。日本人であるまえに人間としてどうよ、ですよね。

 長々と書いてしまいすみません。最近右傾化が進み、また民族差別も相手が悪いのだから仕方のないこと、というような風潮があるので、気になっていることを書いてしまいました。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ