備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

日本の美しい教会建築-5/外海(長崎市)-大野教会堂

 大きな教会の次は小さな教会を紹介したい。教会の聖堂に対して「珍品」という言葉を使うのは少し抵抗を感じるが、思わずそんな言葉がでてしまうような、人を惹き付ける個性的な建物である。

大野教会

 この教会は長崎外海地区の人々に、今も「ドロ様」と慕われ続けるマルク・マリー・ド・ロ神父が造った建物の一つである。
 ド・ロ神父は病人や高齢者など遠くの教会に行けない人々のために、自身で資金(総額1,000円とされる)を調達し、信者とともに建設作業に汗を流した。
 明治26年(1893年)竣工。幅が6m弱。奥行きは10m強という巡回教会だが、歴史的にも技術的にも興味深い建物だ。地域の信仰の拠り所として、また長崎県の文化財として大切にされてきたが、2008年には国の重要文化財に指定されている。
 巡回教会というのはその名の通り、定期的に司祭が巡回してミサなどを行う常設の聖堂のことで、大野教会の場合、最寄りの出津教会の神父が巡回した。

大野教会壁面窓
 上の写真のように、この建物には正面の戸を隠す壁があり、出入りする人は壁と建物の間を通るようになっている。こういう構造を何と呼ぶのかは知らないのだが、砦の入口に設けられる虎口のようだ。もちろん壁を設置した目的は異教徒の突撃を防ぐためではない。
大野教会見取り図-01
 おそらく暴風雨が戸を直撃するのを避け、台風の最中にでも付近の住民が教会に避難できるようにした壁と思われ、同じような壁はド・ロ神父が設計した別の建物にも見られる。

 下は明治18年(1885年)に竣工した出津の鰯網工場(現ド・ロ神父記念館)。大野教会とは違って壁に白漆喰の化粧がなされているが、やはり壁の内側に正面中央の戸が隠されており、矢印のところから入る(現在は壁の内側にある戸は閉じられ、西側下屋の増築部分から出入りしている)。
大野教会参照用鰯網

 下の写真に見られるように、窓のアーチには煉瓦が使われているが、それ以外は「ドロ様塀」と呼ばれる石積みの壁である。ドロ様塀はド・ロ神父が造った建物に共通する特長の一つとなっている。
 また軒下には箱のような軒天井が見られるが、これは後世の改築で、当初この部分には土壁があったとされる。

大野教会横

 ドロ様塀の仕組みは、天川漆喰(あまかわしっくい/長崎で土間の床面などに使われていた漆喰)と赤土を混ぜたモルタルを接着剤として、平板の玄武岩の割石を石垣のように積み上げたもの。大量の石を使うため、重い荷を担いで何度も坂道を登る重労働が必要であった。ただし、苦労は多かったと思うが、強制された労働ではなく、信仰に基づく自主的な行動であるから、笑顔の多い現場であっただろう。

大野教会参照ドロ様塀

 聖堂内は学校の教室のような質素な作り。竣工当時は床が張られておらず、土間であったという。もしかすると天川漆喰のタタキであったのかもしれない。
 基本的に無人の建物なので現在は施錠されているようだ。戸のガラスを通して内部を拝見できるし、場所がら救いを求めて村人以外の人がやってくる可能性も低いと思うので、文化財保護のために施錠もやむを得ないだろう。
大野教会堂内

 聖堂の後方には6帖2部屋と土間からなる和風住宅がくっついていて、祭壇横の戸から出入りできるようになっている。中は見えなかったが、6帖間は一つが板張り、もう一つが畳敷。それぞれに1帖の押し入れがついているとのこと。設計は日本人の棟梁であろう。

大野教会奥部屋

 この住宅はド・ロ神父時代のものではなく、外海地区に赴任してきたジョセフ・ブルトン(Marie Joseph BRETON)神父が大正15年(1926年)に「司祭館」として増築したものである。
 上の写真の左に見える雨戸を開けると縁側がありその内側に司祭が使う6帖の居室がある。

 出津教会から大野教会までの道は、アップダウンのある海岸の傾斜地にあるが、ゆっくり歩いても2〜3時間で着くだろう。しかし、仕事のスケジュールによっては巡回教会に泊まった方がよいこともある。昔は巡回司祭が聖堂の床で眠っていたといわれるから、ブルトン神父以降の担当神父達は巡回の疲れが大いに軽減されたことであろう。また祭壇の後に控え室があるのは行事の進行時に何かと便利であったはずだ。
 ブルトン神父は、ド・ロ神父らと同じくパリ宣教会が派遣した神父の一人で、「日本の美しい教会建築-4/平戸-紐差教会」で紹介したように、後に佐賀の教区に移り、紐差教会の二代目聖堂を貰い受けて馬渡島に移築した人物である。

大野教会奥

 司祭館の方から見るとカトリックの教会には見えない。キリスト教が伝来して間もない頃、地方の教会はみなこんな姿だったのではないだろうか。
 ド・ロ神父が造った小さな建物は寄棟屋根のものが多く、屋根の内部はシンプルなトラス構造である。
 通常の見学では大野教会堂の骨組みは見えないが、ド・ロ神父が造った他の建物から推測すると、日本の大工さんが使う木組みの技法はほとんど使わず、金具を多用して組み立てられていると思われる。当時は鉄の金具を手に入れるより、大工さんを探す方が早かったと思うのだが、ド・ロ神父は自分が学んだ建築方法で手作りしていった。

 ド・ロ神父については、彼が長く布教の本拠地とした出津教会を紹介するときに、もう少し詳しく紹介したい。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ