備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

浦上天主堂撤去についての本

 前回の「日本の美しい教会建築-4/平戸-紐差教会」の終わりで少し書いた本を紹介しておきたい。
 高瀬 毅『ナガサキ 消えたもう一つの「原爆ドーム」』平凡社

 戦後史や日米関係に興味のある方は面白くて一気に読んでしまうような本であるが、日本のカトリック教会関係者にとっても面白い本であろう。今更古い話をほじくり返しても無意味だという人は、過去に目を閉じ未来を放棄する人だ。こうした問題はそれぞれの時代ごとに、また新しい世代ごとに執拗に検証を繰り返すべきものである。
 TPP参加推進など、今のアメリカに追従してしている為政者や財界人は、近い将来この本に登場する長崎市長やカトリックの司教のような疑いを持たれる可能性は高い。つまり、この本に書かれていることは、現在進行形の日本の姿なのだ。

 <池松氏は衝撃的なことを話し始めたのだった。それは浦上天主堂の廃墟の取り壊しについてだった。「遺跡の取り壊しについて、あるところから巨額の寄付金が来たんだよ。事実あれを残していたらアメリカが困るんだ。(遺跡を)この世から抹殺する力が働いた」>本文より

 <破壊されたものを醜いものとする捉え方自体、真実から眼をそらすことであり、歴史の抹殺、人類の自己否定に通じる行為だということも >本文より

 <被爆した浦上天主堂の廃墟は戦後13年間、保存を前提に残されていたが、突然撤去された。その裏には何があったのか? 米国の影を背後に見つつ、綿密な取材で現代の闇に迫った問題作。>平凡社のコピーより

01消えたもう一つの原爆ドーム
 
定価:1680 円(本体:1600 円) 四六判 272頁 2009.07 
ISBN978-4-582-82453-7 C0020 NDC分類番号 209.7
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ