備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

日本の美しい教会建築-2/平戸-カトリック田平教会

 前回に引き続き長崎県の教会建築のお話。場所も前回の宝亀教会と同じ平戸市である。物件は国の重要文化財に指定された有名建築の田平教会聖堂。立地に因む瀬戸山天主堂という別名もある。
 写真を整理したとき、寸法を間違え若干小さくなってしまった。どうかお許しを。

田平教会01

 堂々とした煉瓦作りで、写真を見てヨーロッパの教会といわれれば納得してしまうような建物である。竣工は大正7年(1918年)。設計施工は当時の長崎県で教会建築の第一人者となっていた鉄川与助棟梁である。
 鉄川棟梁は生涯に36の(数え間違いがあるかもしれないのでどうかご確認を)教会を建てている。田平教会は13番目に竣工させた建物で、煉瓦建築では最後の建物となった。
 前回紹介した柄本庄一棟梁のように、手探りで木造洋風建築に取り組んだ世代よりは40歳近く若く、日本人棟梁の教会設計もかなり本格的になってきた時代の作品である。

 鉄川与助棟梁はエジソンが電球を発明した1879年に長崎県の南松浦郡で生まれ、明治、大正、昭和の3つの時代を股にかけて活躍。キャンディーズの「春一番」がヒットしていた1976年、97歳で亡くなっている。
 鉄川棟梁の人となりについては、鉄川工務店三代目社長、鉄川進さんのサイト「おじいちゃんが建てた教会」に詳しい。

田平屋根1

 建物に近づいて細部を見ると、デザイン上の苦労の跡というか、煉瓦の洋風建築に和風の瓦屋根を載せてつじつまを合わせた、独特の意匠が目に飛び込んでくる。結果として重厚な煉瓦積みに負けない、堂々とした屋根となったと思う。ヨーロッパの教会のスレート屋根より変化があって、筆者は大好きである。

田平側面

 田平教会にも前回の宝亀教会と同じように木造部分がある。側面から見て白く見える部分がそうだ。
 これは上層部分の軽量化が目的の第一と思われるが、同時に限られた資金の範囲で、最大の容量を持つ聖堂を建てる方策でもあったはずだ。

田平接続部

 これは、煉瓦積みと板壁の接合部分。窓を共通にすることで一定の統一感が生まれる。

田平後面

 こちらは祭壇の背後に当たる部分。建設中にこの付近で壁の崩落事故が起き、2名が犠牲になったという。

 田平御堂内

 内部はごらんの通り。教会にはリブ・ヴォールトの曲線美がよく似合う。中央廊の幅は6m以上あり、それに対応する天井の高さを十分に確保している。外観の重厚な雰囲気が、中に入ると一瞬にして開放的な気分に変わるのは、この天井の高さと白い内装色のためである。

 1990年代までは写真にあるような椅子がなく、床に敷いた畳の上に座る方式であったというから、今よりもっと広々していただろう。日本人向けの教会は、割と最近まで畳に座る方式が多かった。

 最後に、建設に至る経緯や資金調達、住民の苦労などについて触れておこうとおもったが、長くなりそうなのでまたページを改めることにしたい。すみませぬ。
関連記事
Comment

No title

あ、私はぱっと見て教会にしては和風って印象もちました。
瓦の屋根のせいか(当地で瓦屋根は殆どみかけないので瓦屋根
というだけで寺社や城建築だけじゃなく住宅ですら和風って連想しちゃう)
それとも正面の窓(入口の上の)の上の窓をかたどった飾りのせいかな。
内部はまさに教会で、それこそヨーロッパっていわれたら、そうかと納得
しちゃいます。

Re: No title

> あ、私はぱっと見て教会にしては和風って印象もちました。

それはなかなか鋭い観察力ですね。
私など現地に立っても正面からは
和風の印象を持ちませんでした。

>それとも正面の窓(入口の上の)の上の窓をかたどった飾りのせいかな。

どのあたりに和風の特徴があるのでしょうか。
不勉強なので気づきませんでした。
お教えいただけるとありがたいです。

No title

そんな風に言われるとドキッ(笑)。
私は建築や教会について学んだことがないので、知識に裏打ちされた感想
ではなく素人の印象ですので適当に聞き流してください。

ヨーロッパの教会は装飾が立体的、丸を多用するなら丸い小塔をつけるとか
屋根も丸くするとか壁面を飾るならレリーフつけたり彫刻をつけたり、窓も
平面じゃなく箱ですしね(建築が木じゃなく石だから壁の厚さも違う)~な
物が多いと思う。↓の教会は正面にレリーフの飾りでしたね。

で、この教会の屋根は正面からよく見えないし、ご指摘がなければ瓦と気付かなかった
かもしれないからそれはおいといて。
やっぱり壁の模様でしょうか。窓の上に横ラインから続けてお餅重ねたみたいな
丸いラインの飾り(例えば襖についてる取っ手であえて目立たなくの意匠の丸い
飾りのないのとか、南部せんべいの縁とか、笑)が平面を強調してるように
見えて、和風の印象もちました。

Re: No title

> やっぱり壁の模様でしょうか。窓の上に横ラインから続けてお餅重ねたみたいな
> 丸いラインの飾り

なるほどそういうことですか。確かに木瓜型の上半分に見えますね。
教えていただくまで、木瓜が隠れていたことに気づきませんでした。
東洋を表現したマイセンの磁器にも木瓜型がありますもんね。
洋風の絵付けでも器の形を木瓜型にすると和物に見える不思議。

レンガ部分はロマネスク様式の雰囲気で上手くまとめられていると思うのですが
部分的には折衷的な箇所があるので、ヨーロッパのものではないことは分かりますね。

No title

初めまして。
美しい写真の数々を堪能させていただきました。

ところで、教会堂内部は原則撮影禁止なのですが(教会境内にある看板に注意書きされています)、許可を取られているのですよね?
許可済みでしたなら、こちらの非礼をお詫びします。

仮に許可を得られていないのでしたなら、後に見学・撮影する人のために、許可を取るか、内部画像を削除するようご一考ください。


また、
>原爆で倒壊した浦上天主堂を再建したのも鉄川棟梁である。
与助氏もアドバイスを送るなどのかたちで関わってはいますが、新浦上教会堂を設計・施工したのは与助氏の嫡男、鉄川与八郎氏です。
よろしく訂正願います。
「おじいちゃんが建てた教会」
http://www1.odn.ne.jp/tetsukawa/kyoukai16.html


写真について

岩崎 起浩 さん

 コメントありがとうございます。

 堂内撮影禁止と明記された教会では撮っておりません。また教会の方がおられましたら一言ご挨拶申し上げてから撮らせていただくようにしてきました。小さな張り紙などの見落としが全くなかったかといわれると自信はありませんが。

>教会堂内部は原則撮影禁止なのですが(教会境内にある看板に注意書きされています)

 撮影禁止と書かれていない教会もたくさんあります。お庭に神父様がおられたのでお訪ねすると「どうぞご自由に」と招きいれて下さった教会もあります。
 近年は全ての教会が影禁止になったのでしょうか(この田平教会は2008年にお邪魔した際撮影したものです)。もちろん最近は傍若無人な撮影者が増え、教会に限らず迷惑されている方が多いのは承知しております。とても残念なことです。

 取材やメディア掲載の際には、個々の教会の判断だけでなく、司教区などに申請するシステムをとっておられるところがありますが(長崎大司教区もそうです)、個人の見学や撮影についてはそれぞれの教会が判断なさっていることだと認識しておりました。

 このような非営利の個人のブログが、許可申請の対象となるメディアに該当するのかどうかは判断が別れる所ではありますが、もし司教区などが公式に、個人ブログも新聞や雑誌等に準ずるメディアであると判断されたり、現場の判断で撮影させていただいた写真について削除を求められるようなことがありましたら、このブログで詳細をお知らせしたいと思います。

 今後の個人見学者につきましては、「規則に従いマナーを守りましょう」以上のことを申し上げられる立場にありませんので、各教会のご判断で、よりよい対応をしていただけたらと思います。

>新浦上教会堂を設計・施工したのは与助氏の嫡男、鉄川与八郎氏です。よろしく訂正願います。
 
 ご指摘ありがとうございます。本文の文脈に関係のない追加情報でしたので1行削除いたしました。

No title

さっそくのご返事痛み入ります。

>撮影禁止と書かれていない教会もたくさんあります。お庭に神父様がおられたのでお訪ねすると「どうぞご自由に」と招きいれて下さった教会もあります。

私の方は2010年から長崎各地の教会堂を訪れています。
小さな教会や少数ですがメジャーな教会でもそういった教会は確かにあります。
しかしながら残念ながら、本ブログに掲載されている長崎の教会堂に関しては記憶にある限り、内部撮影禁止と記載されている看板が立っています(大野教会はなかったかもしれません)。

>近年は全ての教会が影禁止になったのでしょうか(この田平教会は2008年にお邪魔した際撮影したものです)。
長崎の教会群インフォメーションセンターでは、教会内部撮影の原則禁止をマナーとして記載しています。
http://kyoukaigun.jp/manner/
あくまで原則ですし、筆者氏が撮影した日時にそのようなマナーが存在したかどうかは判りかねますが、そうであっても現在では原則禁止となっていますから、その旨を一言でも記載した方がよろしいかとは思います。

最後に、若輩者の突然の非礼なコメントに丁寧に返答してくださり、痛く感謝いたします。

返信ありがとうございます

岩崎 起浩さん

 情報ありがとうございます。以前撮った写真を紹介するときは何か対応を考えます。
 それにしても、長崎の教会は世界遺産登録に向け、増加が予想される観光客への対応に知恵を絞ってしておられるようですね。見学申し込み制の実験まで始まったとは驚きです。こうした煩雑なシステムが全国の教会に広がらないことを祈るばかりです。

写真をとることについて

木村さん、私は先日ベルリン・ゲルリッツ・ドレスデン・ブリュッセル・アントワープ・アムステルダムを巡ってきました。主に、美術館と教会を巡ってきました。美術館に関しては、日本では絶対写真撮影禁止ですが、私が巡った美術館はフラッシュを使わなければほぼ撮影OKでした。(ドレスデンで一館だけダメなところがありましたがそれ以外はOK)。リュベンスやレンブラント、ブリューゲル、フェルメールなど私は沢写真をとってきました。教会内部に関しても同じです。フラッシュを使わないようにしてとってきました。フランダースの犬で有名なアントワープの教会でリュベンスのキリスト降下とキリストの昇架もとってきました。フラッシュを使わなければ写真撮影OKなのです。世界の名だたる名所では写真をとってもかまわないのに、なぜ、日本はだめなのでしょうか?もちろん、教会は祈りの場なので、それは尊重されねばなりません。傍若無人な写真撮影はもってのほかですし、節度がないのもだめです。宗教を尊重していないお喋り、服装などもだめです。しかし、節度ある態度で写真をとるのは構わないのではないかと思うようになりました。あんまりあれもだめこれもだめとすると宗教や建築から人々の心が離れてしまいます。私はカトリック系の大学を出ていて、その後教会に通い、宗教を大切にする気持ちがありますので、教会ではまず、祈りをささげてから、ちょっとだけとらせてもらっております。

Re: 写真をとることについて

藤子さん

 写真撮影について、全く仰せの通りだと思いました。日本の美術館や博物館には特別に見せてやってるという意識が強いのでしょうか。見学者が自由に撮影できることのメリットについて、理解がなさ過ぎる気がしますね。
 屋内や展示物の写真撮影を禁止している理由について、個別につきつめて議論すれば、合理性のある答えは少ないでしょう。もし合理的な理由があるなら、その品物だけを禁止にしたり、マナーの問題なら、いくつかの遵守事項を定めればすむ話だと思っています。
 私が以前展示に関わった小さな博物館でも、館内撮影禁止にしていたので理由を聞いたら、漫然とした推測に基づく答えしかなく、結局はオープン当初によく議論せず決めた事を、そのまま継承してきたことが分かりました。
 ヨーロッパと日本の美術館。何がちがうのかといえば管理者の考えだけだと思うので、今後撮影OKの場所が増えて欲しいですね。
 よいご意見をありがとうございました。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ