備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

擬洋風建築の精華(旧済生館病院本館/山形県)

 山形城二ノ丸(現・霞城公園)内には、擬洋風建築の最高傑作とされる済生館病院本館(三層楼)が移築保存されていて、これを見学するだけでも山形城にでかける価値があると思う。

済生外観1

 この建物は封建領主のような強権を振るった県令(県の長官)三島通庸(みしまみちつね)の強力な指導の下に建設されたもので、県の技官筒井明俊や医師の長谷川元良らが基本設計を行い、明治11年(1878年)に着工。薩摩出身の原口祐之を現場監督に据え、山形県内の宮大工を動員して7か月という短い工期で完成させた。昭和41年(1966年)国の重要文化財に指定されている。

 三島通庸は元薩摩藩士で、戊辰戦争では補給部隊を指揮して活躍。大久保利通らにその能力を認められて政府の地方行政官となった人物である。
 山形、福島、栃木の県令を歴任し、それぞれの地で明治政府の近代化政策を実施した。特に大規模な土木工事を強引に推進したことで知られ、地方税の増税はもちろん、労役や寄付金を強要し、反対勢力に対しては弾圧で臨んだという。そのため農民や議会の自由民権派と激しく対立し、ついには暴動や暗殺未遂事件を招くが、強権をもってそれらの鎮静化に成功。強力な中央集権国家を目指す明治政府は、そんな彼の能力を評価したのか、後に警視総監に任命している。
 
 済生館は文明開化を象徴する病院であっただけでなく、破格の給与で外国人医師(オーストリア人アルブレヒト・フォン・ローレツ)を招聘して日本人医師や医学生の指導に当たらせるなど、医学校としての機能も備えていた。
 ちなみにローレツの給与は月額300円。これは三島県令の給与の3倍に当たり、しかもそれを交換価値の高い貿易銀(対外取引用の銀貨)で支払っていたという。当時の金額を今の金額に換算するのは難しいが、貿易銀の価値から推定すると、少なくとも月額500万円程度にはなり、それは現在の山形県知事の給与の4倍以上である。
 その後三島県令が福島県に転任すると、財政難に苦しむ山形県議会は、費用がかかり過ぎるとしてローレツの解任を可決した。
 
済生外観2

 明治初期の東北を旅行し「日本奥地紀行(Isabella Lucy Bird/1880/Unbeaten Tracks in Japan)」を著したイザベラ・バードも完成前の済生館を訪れており、「非常に立派な設備」とその印象を書き残している。彼女が見たのは竣工2か月前の姿で、その頃は三階部分が未完成であったようだ。

済生外観3

 建物は円形(多角形)平屋の病室棟に三階建の楼閣を結合したユニークな形状で、楼閣の二階はホール、三階はベランダと高欄のついた展望室になっている。
 二階と三階の間には中間階があり、元済生館病院薬局長の小林忠氏の「三層楼の思い出(郷土館だよりNo,56)」によると、この中間階には医学標本が保管されていたという。
 戦時中、高い建物はアメリカ軍の爆撃目標になる可能性があるとして、済生館も三階部分が撤去され、二階の屋根に三階の屋根を載せたような姿になっていたが、二ノ丸に移築保存される際に復元された。

済生中庭

 放射状に部屋を配置した円形の建物は、そこに収容された人々を円の中心から一元的に管理するのに適しているとされ、18世紀の哲学者ジェレミ・ベンサムなどは、円形刑務所の設計図とともに収容者の管理構想を発表している(Jeremy Bentham/1791/Panopticon)。しかし、済生館は管理目的で円形を選択したのではなく、円の中心は単に丸い中庭となっている。この形状は外界から隔離された静かな空間の創出と、部屋の採光や通気をよくするためである。
 元済生館病院薬局長の小林忠氏によれば、昭和30年頃には中庭で盆踊り大会が催され、浴衣を着た看護士などの職員が踊りながら丸い廊下を回ったという。

済生正面

 済生館の建設に集まった大工棟梁の中には、後に庄内地方の擬洋風建築に腕を振るった高橋兼吉や高橋権吉なども含まれ、済生館の建設が県内の擬洋風建築に与えた影響は大きいといえよう。
 外壁は下見板張り、屋根は一階部分が赤瓦、それより上の階は銅板で葺かれている。

済生館2階ホール

 講堂と呼ばれる二階ホールには柱がなく、医学関係の講習や講演などに使われていた。他に医療教育の施設ができた後は、多目的ホールや娯楽室として使われ、卓球台が置かれたり、病院の芋煮会で雨が降ると、臨時会場になったりしたという。
 窓の上に掲げられた額は、竣工当時の太政大臣三条実美の直筆による「齊生館」。これを写した扁額が正面二階の窓の上に掲げられている。

済生扁額

 一階と二階は中二階の廊下(下写真)を介して普通の階段でつながっているが、二階の上にある中間階へは螺旋階段で垂直に登っていく。

済生館二階へのアプローチ

 螺旋階段は太い欅の柱に、彫刻のある段板が太い鉄輪を介して取り付けられている。見学者がのべつ登り降りすると痛みが進んで危険になるためか、ここから上は立ち入り禁止となっている。階上に臓器などの液漬標本等が並んでいた頃、夕暮れ時に螺旋階段を登るのはちょっと不気味であったかもしれない。

済生螺旋階段

 県立済生館病院は、竣工後10年で県の財政難から民営化され、さらにその後山形市が買い取って市立済生館病院となった。
 戦後は大きな総合病院として建物の整備が進み、昭和30年代の終わりには、三層楼が絵本「ちいさいおうち(Virginia Lee Burton/1942/the little house)」のような状態となり、その対応が問題となっていた。
 隣接する中央棟の改築を迫られた昭和40年11月、市議会議員と学識経験者からなる「市立病院済生館建物処分審議会」は、ついに本館三層楼の廃棄処分を決定する(明治村などに移築するという案もあったが、山形市の財政状態から費用の負担は困難とされた)。つまり46年前には、三層楼は壊される運命にあったのだ。

 しかし、当時の大久保伝蔵市長はじめ、町のシンボルであった「三層楼」の保存を願う人は多く、彼らは審議会の答申を「具体的な解体については未定」と解釈して時間を稼ぎつつ、保存に向けての活動を続けた。
 そして文化庁が建物の調査をした結果、歴史的に重要な建築物であることが認められ、廃棄処分の答申から約1年後の昭和41年12月、国の重要文化財に指定された。このことで国と県の費用負担が可能となり、病院から800m離れた現在の場所に移築保存できることになった。

 たとえ残っても遠隔地へ移築したのでは、市民にとっては残念なことであるし、所在地そのものも歴史や文化の一部であるのだから、800mの移動ですんだことは最良の結果であったといえよう。

 一見学者に過ぎない筆者ごときが感謝しても何の足しにもならないが、日本の近代化遺産や擬洋風建築の価値を理解する人がまだ少なかった時代に、三層楼の保存に努力された人々には心から感謝したいと思うし、また、平屋部分の一部や三階部分を欠く不完全な状態で、しかも資料も乏しい建物を丁寧に解体し、竣工当時の姿に再び組み上げた現代の棟梁達にも心から敬意を表したいと思う。つまりそれほど魅力的な建物なのだ。一度ご覧あれ。

関連記事
Comment

No Title

やっぱり建築物の写真は楽しいな。特に
洋風建築が好き。お約束のようにステンドグラス
が使ってあったり。
で、細かい意匠に案外和風のものがあったり、
ここも中庭が和風だし。中庭が薔薇園になってたり
したら短期入院したかったかも(笑)。

Re: No Title

いつもコメントをありがとうございます。
擬洋風建築が好きなのでよく出掛けるのですが
なかなかアップできなくて写真が溜まる一方です。
擬洋風建築のほかにも気になる建物も多いし。

確かに今、こんな建物の病院があったら
入院生活もちょっと気がまぎれていいかもしれませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ