備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

血煙鍵屋の辻/剣豪と大名と同性愛-1

 前回紹介した学校を見学した日の朝、ホテルの近くにあった鍵屋の辻へ行ってみた。
 鍵屋の辻とは寛永11年(1632年)、剣豪の荒木又右衛門が、義弟の仇である河合又五郎と、又五郎の護衛をしていた河合甚左衛門(又五郎の叔父で郡山藩剣術指南役勤めた人物)、同じく尼崎藩槍術指南役「霞の半兵衛」こと桜井半兵衛らと対決し、討ち倒した場所である。

鍵屋辻石柱茶屋

 この事件は人々に語り継がれ、講談の人気演目となった。さらにそれが歌舞伎や人形浄瑠璃にも取り入れられて「伊賀越乗掛合羽(作/奈河亀輔/1776年)」や「伊賀越道中双六(作/近松半二・カ近松加助/1783年)」といった作品が生まれている。

 日本人は仇討ちモノが好きなので、近代に入っても鍵屋の辻の映画やテレビドラマが数多く作られている。
 トーキー以降に作られた主な作品で荒木又右衛門を演じた俳優を並べてみると、
・大河内伝次郎
・阪東妻三郎
・三船敏郎
・市川右太衛門
・松本幸四郎(先代)
・大川橋蔵
・長谷川一夫
・高橋英樹
・仲代達矢
・加藤剛
・里見浩太朗
といった具合に、日本の時代劇スター勢揃いの感がある。

 日本三景のように、日本には「日本三大◯◯の一つ」を自称する物がたくさんあって、そのくせあとの二つがはっきりしないことが多いのだが、鍵屋の辻の仇討ちは「日本三大仇討ち」の一つとされ、あとの二つは曽我兄弟に忠臣蔵とはっきりしている。この三大仇討ちに異存のある人は少ないだろう。

鍵屋辻伊賀越資料館01

 現在の鍵屋の辻は、観光地として多少地味ながら、鍵屋の辻公園として整備され、関係資料を展示した資料館もある。また最初の写真にある通り、数馬茶屋という昔風の茶屋も営業しており(ネット電話帳ではちゃんとカフェ・喫茶に分類されていた)、当時を偲ぶのに適した環境が整っていた。

鍵屋辻伊賀越資料館02

 資料館は「伊賀越資料館」といい、建物はごらんの通り寺院のお堂である。この地にあった廃寺を流用したものか、どこかから移築したのかは分からない。間抜けなことに詳しい由来を聞き忘れてしまった。

鍵屋辻首洗池

 資料館の裏には、討たれた河合又五郎の首を洗った池というものがある。立て札によると、昔この付近に首洗いの池や首洗い地蔵というものがあり、線香や花を手向ける旅人が後を絶たなかったという。現在の池は往事の首洗い池を復元したものだというが、庭や公園によくある普通のコンクリート池のようであった。

 先に書いた鍵屋の辻の仇討ちをテーマにした浄瑠璃「伊賀越道中双六(作/近松半二・近松加助/1783年)」は、名作として今日でも盛んに上演されているが、近松半二が先行作品にある「仇討ち」「東海道を行き来する登場人物」「親子の情と武士の面目」といったキーワードから練り上げた物語なので(半二は執筆半ばで没し、加助が仕上げたとされる)、史実とはかけ離れた、複雑でこみ入ったストーリーになっている。

 実際の仇討ち事件は、浄瑠璃よりずっとシンプルな、私的な怨恨による殺人事件であるが、それだけに関係者のドロドロした人間性が出て迫力が感じられる。

 1630年の夏、岡山藩士河合半左衛門の息子又五郎が、渡辺源太夫という少年の家に遊びに行ったところから事件は始まる。このときの二人の年齢は資料によって差があるが、今の数え方でいうと、又五郎は15~17歳で、源太夫はそれより2歳年下であった(鍵屋の辻公園の看板にあった又五郎19歳というのは、生年からいって多過ぎると思う)。いずれにしても二人とも未熟な少年であったことは確かだ。

 その日二人の少年の間にどんな会話があったのかは分からないが、又五郎は源太夫を殺してしまう。
 もちろんそれは大きな事件ではあるが、通常なら藩士の子弟の喧嘩として、藩の目付役が処理する問題であり、東海道を又にかける敵討ち事件になるような話ではなかった。
 しかし、殺された源太夫は藩主池田忠雄(ただかつ)に寵愛された小姓だったので、「又五郎憎し」と藩主が直々に介入してきた。一方、河合半左衛門の方も息子を守るべく、又五郎を城下から脱出させたので、話がややこしい方向に発展していく。

 主への忠孝が尊ばれた時代、半左衛門が息子を逃がしたのは、主君への反抗であり、親馬鹿の極みのように見えるかもしれない。しかし、武士は自分の家の存続と発展が第一であって、家が断絶するような事態になれば、主君であろうが上司であろうが抵抗する。その後河合一族が力を合わせて又五郎を守ろうとしたのも当然の行動であった。

 もちろん河合半左衛門も命がけである。身柄を拘束されることは覚悟の上。積極的に逃がしたことがバレたら打ち首の可能性もあり、最終的にはその通りになったようだ。

 河合半左衛門は息子を放浪させておく訳にもいかないので、知人にあずけて江戸の旗本、安藤正珍(まさよし)にかくまってもらうことにした。安藤家は三河武士団の一員で、徳川軍の武将として家康の政権奪取に貢献した。ちなみに安藤正珍の祖父は、伏見城の玉砕戦で活躍した猛将、安藤定次である。

 この旗本屋敷潜伏作戦は妙案であった。旗本には「自分こそ三河以来徳川家を支えてきた直属の武士」というプライドがあり、外様大名を見下し対抗意識を持っていたし、池田氏に個人的な恨みを持つ旗本もいたという。
 安藤正珍は又五郎の受け入れを承諾し、池田忠雄からの犯人引き渡し要求を拒否した。

 そうなると池田忠雄も黙っちゃいない。外様とはいえ忠雄は、徳川家康の次女、督姫の実子。神君家康公の孫にあたる人物である。さっそく幕府に働きかけて反撃にでた。

 幕府は困惑し、調停を模索したが解決には至らなかった。そうこうするうちに、池田忠雄が急死してしまう。幕府は忠雄が亡くなったことに配慮し、また三河以来をいいことに、江戸市中で身勝手な振る舞いをする旗本を問題視していたこともあって、又五郎には江戸所払い、かくまった安藤正珍ら旗本には寺預け(監禁謹慎罰の一種)という裁定を下した。池田忠雄側の全面勝訴である。
 鍵屋の辻の決闘は、外様大名と旗本の対立が背景にあるとされるが、少なくとも旗本屋敷潜伏ができなくなったこの時点で、状況は改善されたといえるだろう。仇討ち決行はまだ先の話。

岡山城天守
池田忠雄の居城、岡山城天守(外観復元)忠雄は宇喜田、小早川、池田と受け継がれたこの城を整備拡張した。


 池田忠雄は死に際し、家臣に又五郎を討つことを厳命したという。
 可哀想なのは源太夫の兄、渡辺数馬である。主君の「遺言」として又五郎の討伐を命じられたため、本懐を遂げるまでは鳥取に引っ越す事もできない(忠雄の後継ぎ光仲がまだ幼かったため、戦略的に重要な岡山藩の統治は難しいとされ、鳥取にいた忠雄の甥、池田光政と領地替えをさせられた)。もし忠雄が生きていれば岡山藩にいて多くの支援が受けられただろうに、脱藩して自家だけで対処する厳しい事態となった。

 本来武士の仇討ちは、親や兄といった尊属の仇を討ち、尊属の地位や財産を相続するために行うものである。だから子弟や家臣など卑属の仇討ちはしないのが普通だ。いくら家臣思いであったとしても、大名が小身者の仇討ちに熱心なのは、あまり体裁のよいものではない。にも関わらず池田忠雄は自ら刀をとって仇討ちをしそうな勢いであった。

 池田忠雄がそこまで又五郎を討つ事に執着した背景には、旗本に対する恨みもあるが、それ以前に大名と小姓の性愛による強い結びつきが根底にあったといえよう。
 近世以前は男同士の性関係もノーマルな行為であり、特に武士階級にあっては主従関係が絡むので、女性より高尚な関係と捉えられていた。
 だから又五郎が源太夫を殺害した原因も、源太夫が「男性経験」豊富な美少年であり、又五郎が血気盛んなアニキ分であったと考えれば、やはり愛欲のもつれと思えてくる。

 原因が同性愛の三角関係だとすれば、剣豪達の真剣勝負がアホらしいものに見えるかもしれない。しかし又五郎を討たねばならなくなった渡辺数馬にすれば、理由が何であれ勝って終わらせないことには、自分の未来はないのである。また河合一族にとっても、大切な跡取り息子をおいそれと討たれるわけにはいかない。
 長い戦乱が終わり太平の世を迎えたというのに、両者は血を見ずには終わらない状況に追い込まれていった。そしてこのあといよいよ荒木又右衛門が登場するのだが、それはまた次回にでも。

鍵屋:宮川一笑掛物
宮川一笑画 女装の少年。振り袖の女性と思いたいところだが、連作に性器を描いたものがある。Wikimedia Commons

 人形浄瑠璃の名作、絵本太閤記(近松柳ほか/1799年)の「瓜献上の段」にも、同性愛が一般的であったことを示すこんな文章がある。
 「(私は)岸田村の百姓の息子、岸田太吉という者を小姓にしておきました。ときに貴方がお立ち寄りあそばし、その小姓に茶を汲ましたのがお目にとまり、美しい小姓じゃ、こちへよこせとおっしゃるゆえ、二言なしに若衆を献じた献穴と申す者」(平仮名と句点は筆者)
 男色は武士社会と僧の社会で盛んだったとされ、献穴とはこの台詞をいう僧の名。穴を献上とは浄瑠璃作者の下品なギャグである。観客が笑うところであるが、現代の観客はあまり笑わないようだ。というか「瓜献上の段」の上演そのものが少ない。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ