備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

美しい学校-追加/伊賀国の2校

 以前書いた「美しい学校」「美しい学校-その2」の続編。

 忍者で知られる三重県伊賀市には明治時代の木造校舎が二つも残されている。つい先日見学してきたのでご紹介したい。

 一つは啓迪学校(後に小田小学校と改称)の本館。明治14年に地元民の寄付と労働奉仕で建設され、建材の一部に近隣から集めた古材が利用されているという。明治初期の小学校には、こうした地域住民の熱意によって建てられたものが多い。
 旧小田小学校

 竣工以来80年以上に渡り初等教育の場として機能してきたが、昭和40年、児童の減少から小田小学校は上野西小学校に統合され、学校としての使命を終えた。
 昭和44年、本館裏の校舎の一部を改築してひかり保育園が開園。すぐ側から子供達の声が聞こえてくるのは、この建物にとって幸福なことと思う。

 下は明治期に描かれた「平井神社境内圖」の一部である。右側が神社に隣接する啓迪学校の校舎群。平井神社の方も周囲を住宅に取り囲まれてはいるが同地に健在だ。

旧小田小-平井神社絵図
明治24年/旧小田小学校本館の展示物より

 屋根は寄せ棟で桟瓦葺き。壁は白漆喰で石造りを模している。平井神社境内圖に見られる長押形は現状の壁には見られない。

旧小田小側壁面

 デザインのポイントは円柱で支えられた玄関ポーチだが、装飾は控えめで天井などは質素な和風竿縁天井となっている。棟梁の名前は分からなかったが、限られた予算と工期の中で最大限の意匠を凝らしたといえよう。

旧小田小バルコニー

 二階のバルコニーの戸は民家に使われているようなごく普通のガラス障子だが、赤と青の色ガラスがはめられ、ステンドグラスのような雰囲気を演出している。建設当時近隣には色ガラスの在庫がなく、わざわざ神戸から取り寄せたという。
 色ガラスの窓は、同時代の校舎によく見られる装飾で、新しい時代を感じさせるアイテムとして好まれたようだ。

旧小田小色ガラス

 現状は1990~1994年にかけて半解体修理が施されたもので、老朽化によって取り外されていた塔もこの時に復元された。

旧小田小太鼓櫓

 塔は六角堂となっており、擬宝珠のある高欄をめぐらした太鼓櫓といったところ。これが屋根の上にあると洋風に見えるから面白い。

 内部は教育史に関する展示館となっており、教職をリタイアされた方々の手作りである。内容は充実しており、特に社会科・生活科に関する展示は力作で、古い教科書のコレクションもある。

旧小田小社会科展示

 もう一つの物件は県立第三尋常中学校(現県立上野高等学校)校舎。上の啓迪学校より少し新しく明治33年に竣工した。

旧第三尋常中学校

 設計は県庁舎や三重県立師範学校校舎(どちらも明治村に移築され現存)を手がけた棟梁清水義八で、彼は明治9年から34年まで三重県庁に籍をおいて活躍したので、啓迪学校の設計に関わった可能性もある。ただし明治村に保存されている清水家文書(清水義八の図面など約1,200枚の書類)の中に啓迪学校はないらしい(リンク先の右にあるプレビューをクリックすると読める)

 以前紹介した静岡県磐田市の見付学校を手がけた棟梁伊藤平左衛門も清水義八と交流があり、同じように三重県の仕事をしていたので、啓迪学校は伊藤の可能性もあるし、また県内には両者の影響を受けた技術者も多かったであろうから、啓迪学校は二大棟梁を核にした「その辺りの人々」ということで筆者は納得してしまった。

旧第三尋常中学校玄関

 県立第三尋常中学校の校舎は横長の平屋で、玄関と両翼に和風の入母屋破風をそのまま取り入れるなど和洋折衷色が強い。和風の屋根と洋風の意匠が破綻なくまとまって見えるのは、久居藩(津藩の支藩)の作事方として、格の高い建築作法を修めた義八の、繊細なセンスのなせる技であろうか。

旧第三尋常中学校玄関内

 上の写真では見えにくいが、校庭の向こうに見える門柱も竣工当時のものである。
 この校舎がよいのは、なんといっても現役であること。今も学校の中にあって教室には生徒達の声が響いている。生徒達は校舎の周りをウロウロする怪しいオヤジにも元気に声をかけてくれた。そしてオヤジはこんな校舎を使える生徒達をうらやましく思うのであった(見学希望者は三重県立上野高等学校事務室にお問合せを)。

 旧第三尋常中学校内部


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ