備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

誤解を招くかもしれないお城

お詫び//浦安市を木更津市と書き、しばらく直さず放置しておりました。お詫びします。


 千葉県浦安市の埋め立て地にある東京ディズニーランドのシンデレラ城は、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城を模したとされるが、いくらよくできていたとしても、昔そこにノイシュヴァンシュタイン城があったと思う人はいない。(別のページで、読者の方からノイシュヴァンシュタイン城に似ているのはアメリカのディズニーランドにある「眠れる森の美女城」の方で、東京ディズニーランドのシンデレラ城は、ユッセ城やフォンテーヌブロー城などフランスの城や宮殿に似ているというご指摘をいただきました)
ノイシュヴァンシュタイン01
ノイシュヴァンシュタイン城 by imagenavi

 熱海城(熱海市)や伏見城(京都市)も、シンデレラ城と同じ架空の城ではあるが、こちらは日本の城を模しているだけに、そこにそんな城が実在したかのような誤解を招く可能性がある。
 熱海城や伏見城の場合は、観光用の架空の城であることが明記されているが、もしそれが自治体が建設したもので、教育委員会によるもっともらしい解説板の一つも立っていたらどうであろう。人々に偏った認識を植え付け、それを拡大、固定化させる可能性が高い。実はそんな城が日本にはたくさんあるのだ。

関宿城模擬天守

 上は割と最近できた模擬城の一つ、千葉県野田市にある関宿城博物館である。
 千葉県立関宿城博物館公式ホームページによると、関宿城の建設を強く望んだのは地元の関宿町で、1980年県に要望を提出、県はそれに応えて1986年建設を決定した。
 その後準備調査期間を経て1993年から着工し、1995年春に竣工。同年秋から博物館の展示室兼展望台として公開されている。

関宿城博物館全体
関宿城博物館全体を見る。土地に余裕がないので天守がなければ都市部のお寺のようにも見える。

 関宿城は熱海城とは違って実在した城で、明治維新の後も建物が残っていたが、明治8年までに全て解体撤去されたという。また川っぷちに建つ城であったため、その後の河川改修によって堀や土塁、建物の基礎といった遺構もその大半が失われたという。
 県教育委員会による遺構確認調査では、今の関宿城博物館の南西に、三層櫓(天守)の石積みらしいものが確認されているが、いずれにしても現在の関宿城博物館は、実在した建物の位置とは無関係に建てられている、というか、位置を関連づけることは不可能である。

 また、建物の詳細についても資料が乏しく、無理に形にしようとすれば架空のシンデレラ城にならざるを得ないのだが、千葉県は古文書(筆者の不勉強で原典未確認)にあるという、寛文11年(1671年)に「(天守は)公儀御願相済富士見御櫓之形ヲ以建直ル」という記述を根拠として、江戸城の富士見櫓のコピーを鉄筋コンクリートで建てることにした。
 ネット上の関宿城の説明にも、関宿城博物館の説明パネル引用と思われるこの一文が多く見られる。出所は当時城主となった幕臣久世家の記録と思われるが、関宿城の展示パネルや売店の紀要をちゃんと見て来なかったのでよく分からない。我ながら間抜けなことである。

 江戸城の富士見櫓は本丸南端の角にあり、城の外側に面する壁と、内側に面する壁のデザインが異なるのだが、千葉県立の関宿城は、郭の中に独立して建つ天守とするため、全方位とも外向きのデザインにしている。
 近世城郭の根本資料のひとつとして知られる正保城絵図では、関宿城の天守は本丸北西角の土塁上にあるし、用地の縦横比や面積もよく分からないので、富士見櫓を模したという一文が事実としても、この時点ですでにデザインに空想が入り込む余地が大きいといえる。

 また発掘調査で確認された石積みは、石の小さい小規模なものであるというから、関宿城天守は土塁を石で補強した腰巻土塁や鉢巻土塁の上に載っていたのではないだろうか。しかし千葉県立関宿城天守台は総石垣となっている(コンクリートの基礎に奥行きのなさそうな石を並べた模造石垣のようであるが)。

江戸城富士見櫓
江戸城富士見櫓の城内側。南西面は宮中側なので普段は撮影できない。

関宿城模型
 上は博物館のエントランスにあった関宿城の模型。館内は撮影禁止であるが、ここはかまわないといっていただいたので撮影した。
 筆者には模型の信憑性を判断できないが、中世の城のような素朴なイメージである。度々洪水に襲われ藩の財政は困窮していたというから、周囲はこのように質素な板塀で囲まれていたのかもしれない。見栄を張って高価で手間のかかる漆喰壁を巡らしたところで、水が来たら終わりであるから、学習能力のある普請奉行なら板塀を採用するはずだ。
 当時城の修理には幕府の許可が必要だったが、なんせ城主が幕府の中枢にいて許可を出す側だったので、度重なる洪水による補修に不都合はなかったと思われる。問題は資金調達だけである。

 関宿城の建物は廃城の際、民間に払い下げられて移築されたものもあり、幸いなことに今も関宿城の御殿や門と伝えられるものが残っている。それぞれ現在の使用者がいるだろうから、急にそれらを取得し移築することは難しいかもしれないが、外観だけでもコピーすれば関宿城の復元建築と呼べるものに近づくだろう。博物館の各建物を設計する際、それらがどの程度生かされたのかはよく分からなかった。

関宿城博物館門
関宿城博物館の城門。城門の上に表札のように家紋がついてるのを始めて見た
関宿城門在逆井城
茨城県の逆井城内に保存されている関宿城の薬医門と伝えられるもの

 千葉県立関宿城博物館の建物について、重箱の隅をつつくようなことを書いたが、城の建設を望んだ関宿の人には、できた城が史実に忠実かどうかなど、どうでもよかったのではないだろうか。とにかく暴れん坊将軍のように分かり易い、時代劇のセットのような城が建てばそれでよかったのだと思う。地元といえども、そこにどんな城があったのかはっきり分かっていたわけではないのだから。

 城を実際に建てることになった千葉県とて同じ。天守の復元自体にさほど大きな意義を感じていたわけではないだろう。
 千葉県議会の議事録によると、1992年の議会で地元の田中由夫議員(当時)が関宿城博物館計画について「関宿のスーパー堤防の上は眺めのよい場所であるから、お城の完成が待ち遠しい」と発言したうえで、どんな内容になるのかを質問している。天守建設に関しては、歴史的建造物の学術的復元事業ではなく、博物館付属の城型展望台という認識であったと思われる。
 これに対し、県教育庁の奥山浩氏は「房総の河川と人々のかかわりを治水や水運の歴史を通して県民にわかりやすく展示すること」と展示内容を説明し、さらに「房総の河川と河川交通と伝統産業の二部門で構成する」と具体的なことを述べている。
 博物館の形について同氏は、天守着工後の議会で「天守閣は三層四階の江戸城富士見やぐら風でございますが、これを再現いたしまして」と説明している。また、史実にはできるだけ忠実に作りたいという抱負も表明していたが、これらの発言から、いずれにしても模擬的な天守にならざるを得ないという認識はあったようだ。

 驚いたことに関宿城の天守は、あの小さな容積にも関わらずエレベーターを設置している。これは全国のコンクリート天守の中でも珍しく、高さが30m以上ある熊本城の大天守でもエレベーターはない。やはりバリアフリー時代の新しい建物らしく障害者に配慮した設計だ。ただし、観光用模擬天守展望台の定番といえる外廻縁高欄(展望バルコニー)は付けなかった。この辺りは、富士見櫓を再現すると表明した千葉県の矜持といえるかもしれない。
関宿城展望室
展望台は窓のみ。ただし窓の大きさは江戸城富士見櫓の2倍ほどある
杵築城高欄
天守展望台の定番外廻縁高欄(大分県杵築城模擬天守)

 旅行者ブログなどを見ると、史実に忠実であるがゆえに江戸城の富士見櫓をコピーし、関宿城には実際にそのような建物があったと思う人も多いことが分かる。しかし、先程も書いたように、詳しいことは何も分かっていないのであって、全方位に窓があって独立した石垣の上に建っていることや、土台が総石垣だというのは、おそらく史実と違っているだろう(今のところそれを確かめる術はないが)。
 もちろんどんなに奇抜な建物を想像しようと自由だし、それは楽しい時間となるのだが、分からないものについては、我々見学者が色んな可能性を考えて楽しめるように、できるだけイメージを固定しないようにしてもらえたらと思う。

 関宿城博物館の模擬天守の脇には江戸城の富士見櫓の写真付きで「関宿城にはこんな天守がありました」というような説明文が掲げられている。一方、兵庫県篠山城の石垣復元箇所には「この隅石垣の復元は、資料、根石が不足なため、正確に積まれていません」というパネルが埋め込まれていた。本物の城ではない博物館の建物と、国の史跡という大きな差がある両者を比較し、その姿勢を云々するのは間違っているのかもしれないが、これらの間には歴史に対するセンスの差のようなものを感じざるを得ない。

関宿城看板
関宿城の天守脇にある説明パネル。後ろの模造石垣はご愛嬌
篠山城石垣プレート
篠山城の石垣で見つけたこれを信じないで下さいパネル

 ここまで長々と書いてしまったが、関宿城天守はかなり良心的な方で、同じ千葉県には千葉城という、もっと大きな誤解をまき散らしている大物があることを思い出した。それについてはまたいずれ。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ