備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

城の井戸にまつわる話のつづき「お菊虫」のことなど

 前回はお城の井戸について、自分の興味に基づく細かい話を半端に書いてしまったので、今回はその反省という訳でもないが、行ったことのある人が多い有名な井戸の話を書いてみたい。

 お城の井戸で最も有名なのは、なんといっても姫路城のお菊井戸であろう。この井戸には夜になると、こんな美しいお方が現れるらしい。

s新形三十六怪撰_皿やしき於菊乃霊_月岡芳年明治23
「新形三十六怪撰/皿やしきお菊の霊/月岡芳年」(明治23年)
Wikimedia Commonsより版権切れの版画を引用させていただき色調を補正


 この姿を一目見ようと大勢の男どもが群がるのは落語の世界の話だが(上方落語「皿屋敷」)、今もそれなりに観光客の注意を惹くようで、井戸の周りで写真を撮る人を見かける。

sお菊井戸

 この井戸は「播州皿屋敷」に因んではいるが、基になった物語は中世のものとされ、その頃には今のような姫路城はまだなかった。だから、お菊井戸の名は完全に観光用といえる。ただ、人通りも途絶えがちな平日の夕方、カラスが群がる天守を背にこの井戸を見るとちょっと不気味かもしれない。上の「新形三十六怪撰」が発行された頃の姫路城は、あちこちの瓦や壁が崩れ落ち、天守が傾いていたから、怪談物語の舞台としては申し分なかったと思う。(姫路城の古写真/長崎大学蔵

 皿屋敷伝説は播州だけでなく、各地に伝えられている。中でも江戸の「番町皿屋敷」は有名だ。播州姫路が本家を主張したい訳ではなかろうが、今の姫路城下には皿屋敷の故郷というようなアイデンティティがあり、姫路市はお菊の化身とされるジャコウアゲハを、市の蝶に指定した。
 市の花や木、鳥などは珍しくないが、蝶まで指定しているところは少ない。今の江戸にはこうした動きはないが、昔はお菊の墓がいくつも作られたという。

sジャコウアゲハ01
sじゃこうあげは02

 上が姫路市の蝶ジャコウアゲハ。でもこの写真を撮ったのは静岡県の韮山城だ。つまり姫路の特産品ではないということ。選定は別に特産物でなければならないという規定はないから、播州皿屋敷の姫路だから「お菊虫」というのは正しい選択だと思う。神奈川が東京や大阪と同じようにイチョウを県の木に選んでしまった分かりにくさよりずっといい。

 ジャコウアゲハは黒っぽい色のアゲハ蝶の一つであるが、クロアゲハより色が薄く華奢な印象。胴に赤くて毒々しい模様があり、実際体内に毒を含み鳥は食べないという。毒の起源は幼虫が食べるウマノスズクサという毒草。
 下がオス、と思ったが、よく見たら両方メスだな。雑な同定と写真整理である。手元にあったジャコウアゲハの写真で、なんとか見られるのはこの2枚だけ。両方メスだが裏表が見えるのでこのままにしておく。もっと気を入れて撮らなくちゃ。
 メスは色が薄く、黒というより黄褐色。後翅表面に黄色い紋が並ぶ。オスは黒っぽく、後翅表面の紋は赤いが目立たない。ただし、オスにも色の薄いものがいるので、見つけたら斑紋の色なども合わせてごらんいただきたい。

 お菊の姿をしているという「お菊虫」は、成虫ではなく前段階のサナギである。肝心のサナギは、成虫よりももっとちゃんと撮っていないので、借り物写真を掲載させていただく。

sジャコウアゲハ蛹
著作権フリーとなっていたが一応出所を。MUSASHI-Sakai Wikimedia Commons

 このサナギをよく見ると、後ろ手に縛られ井戸の上に吊り下げられた日本髪の女性に見えなくはない。また、ゴツゴツした厳つい姿なので、ロボットや妖怪も連想させる。だから、死んだお菊が巨大なお菊虫となって、かたきの青山鉄山を襲い、恨みを晴らすという怪異譚も生まれた。
 写真の個体は黄色いが、ジャコウアゲハのサナギは色彩変異が多く、様々な色と模様がある。探せばもっとお菊さんぽいのがあるかも知れない。
 不安定な草本植物に依存している虫なので、ちょっとした環境変化で発生量が大きく変わる、時に大発生して、そこらじゅうにサナギがくっついているのを見ることがあり、それをお菊の怨念とする話もある。
 姫路の十二所神社はお菊を祀る「お菊神社」として知られるが、かつて土産にお菊虫を売っていたという。今はパワースポットブームだし、オカルルティックなものも根強い人気があるので、養殖して販売すれば喜ばれると思うが、どうだろう。


関連記事
Comment

No Title

おお、これはエキゾチックなアゲハですね。
表から見たら地味で、中は実は毒々しくて派手って、色っぽいではないですか。
名前の由来は、香りでもあるのかしら?
お菊虫は、菊の花のような色合いと形状だからかと思ったけど、なるほど、顔が付いているように見えないことも無いですね。

Re: No Title

> 表から見たら地味で、中は実は毒々しくて派手って、色っぽいではないですか。

毒々しいと書きましたが、割と好きな胴体です。
黒赤って、ただの黒や赤より何か人の心を刺激するところがありますね。

> 名前の由来は、香りでもあるのかしら?

はい。オスの体を嗅ぐと独特の匂いがしますが、そんなに強くないです。

> お菊虫は、菊の花のような色合いと形状だからかと思ったけど、

なるほど、それも一理あるかもしれません。
でも「お」が付いてるので女性名というのが有力でしょうね。
あと色ですが、こんなまっ黄っ黄のはデフォルトじゃないみたいです。
私はもっと茶色いのをよく見ます。紬みたいのもあります。
ジャコウアゲハのサナギとか、お菊虫で写真検索してみて下さい。
普通種なのでいろいろ上がってると思います。

No Title

井戸は↓のように穴は丸く掘っても外側に
井桁が組んであるものと思いましたがここのは
丸いままというか多角形なんですね。
さすがご専門だけあって蝶の写真の鮮やかなこと♪

Re: No Title

いつもお読み頂きありがとうございます。

> 丸いままというか多角形なんですね。

使われなくなった井戸の場合、井桁や屋根が無くなって、穴だけが丸くのこっているという例が多いです。
お菊井戸も上物が破棄された後に、見学者の安全と観光用に石でかこんだようです。
あと、多角形や丸い井桁、というと言葉として変ですが、そういう井戸も少し有ります。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ