備忘録/自然・文化・社会とニュース

自然

虻蜂不獲(アブハチとらず)

 「アブハチとらず」という諺がある。子供の頃「二兎を追う者一兎をも得ず」と同じような意味だと聞いて、ウサギなら両方獲りたくなるかもしれないが、アブやハチを欲しがる奴なんているのか ? と思った。
 後で知ったのだが、欲張ってアブとハチを欲しがったのは、人間ではなくクモ。それなら少し分かる。でも昆虫が好きな子供なら、それも変だと思うだろう。
 クモはハチに食べられることが多く、ベッコウバチのようにクモばかり狙うハチもいるからだ。世界最大のハチとされる中央アメリカのオオベッコウバチは、世界最大のクモ、ゴライアストリトリグモを専門に狩るタランチュラホークとして有名である。

sTarantula_hawk.jpg
捕らえたトリトリグモを引きずって運ぶオオベッコウバチ(全長約60mm)お借りした写真
Astrobradley Wikimedia Commons


 アブハチとらずの諺を考えた人は、アブを獲ろうとしてハチに襲われそうになったクモでも見たのであろうか。そうなると「アブとりハチとられ」である。
 上の写真のように、網をはらず歩きまわるクモは、天敵のハチに襲われたらまず逃げられない。しかし、網をはるクモには、ハチに襲われそうになると網から落ちて逃げるものがあるという。それならまだ生きのびるチャンスがありそうだ。また小さなアブやハチなら、逆に網に引っかかってクモに捕まるものもいるだろう。そうなれば「アブハチとった」である。

ホソヒラタアブ01
都市部でも見られる小形のホソヒラタアブ。ハチに似ていても翅が2枚なのがアブ

 そんなくだらない事を考えていたら、ついに見つけたのである。「アブハチとった」のドヤ顔クモを。
 今年の10月上旬、ジョロウグモが網にかかった獲物を巻き巻きしてるのに出会った。クモの日常風景である。獲物は何かと覗き込んだら、どうもミツバチっぽい。カメラを持っていたので、適当に何枚か撮ってその場を後にした。
 しばらくして写真を拡大したらビックリ。獲物は1匹ではなく小形のアブらしきものがいっしょにからまっているではないか。こんなことならクモから餌を取り上げて、中の種類を確認すればよかった。撮ってから時間が経っているので後の祭り。私の野外観察にはこういう間抜けな事が多い。とにかく下がその写真である。

sクモとハチ

sクモとハチ02

 ところで「アブハチとらず」を早口でいうと、刑務所で有名な「アルカトラズ」に似ている。別にたいした意味はなく、ただそれだけの話。下はアルカトラズ島の刑務所跡。行った事がないので、これもお借りした写真。
Alcatraz_Island_Lighthouse.jpg
Ⓒ Centpacrr at en.wikipedia
関連記事
Comment

No Title

虻蜂取らず。
巣にかかったアブとハチ、片方を取りに行くと、片方が逃げそうで、
結局どっちにも逃げられた、そんな絵を想像してましたが、
なるほど、クモはハチに食べられることが多いのですね。
「翅が2枚なのがアブ」というのも、勉強になりますね。ここは(笑)
ホソヒラタアブの写真、きれいですねぇ。
マクロですか?
こういうの見ると、マクロレンズほしくなるなぁ。
でも、今あるのを使いこなしてからだわ。
*やっぱり横スクロールバー出ていて、左右一文字j弱切れます。
IEのせいかな。

Re: No Title

> 「翅が2枚なのがアブ」というのも、勉強になりますね。ここは(笑)

見なれた虫でも意識しないと気づかないですよね。
あと、ハエとカも2枚で、コオロギは最初4枚ですが抜けて2枚になります。
小学校で昆虫の翅は4枚と教えますが、身近に例外がいっぱい。
そういうことを教えてくれる先生は少ないみたいですね。

> マクロですか?

コストパフォーマンスのいいベストセラー、
タムロンの90mmマクロとリングストロボの組み合わせです。

> *やっぱり横スクロールバー出ていて、左右一文字j弱切れます。
> IEのせいかな。

うーん、詳しいことは分かりませんが、
テンプレートに問題があるのかもしれません。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ