備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

標高634m、天然の高石垣を持つ天空の城

 前回「天空の城」と形容される竹田城に行った話を書いたが、山国ニッポンには他にも天空の城と呼びたくなるような山城がいくつもある。東京の人に馴染み深いのは、山梨県大月市にある岩殿城ではないだろうか。ただし、竹田城が山に溶け込んだ人工美であるのに対し、これは山そのものが堅固な城となっており、人工物として残っているのは、山の稜線を削って平地にした郭の跡と、門や井戸の痕跡ぐらいである。

is岩殿城遠景01

 上の写真に見える山の頂上一帯に、かつて大きな城があった。頂上の直下に見える岩肌がこの城の正面を守る天然の高石垣となっていて、近づいてみるとその巨大さに驚かされる。

is岩殿城岩盤01

 写真では分かりにくいが、岩の裾からてっぺんまで、垂直に近い角度で、その高さは120mもある。ここを登って攻めかかることは不可能だ。
 岩殿山と呼ばれる山としての頂上は崖の上の少し奥にあり、岩盤の下に立つと見えない。標高は634メートル。ミシュランガイドで紹介された東京の高尾山より高く、スカイツリーとは同じ高さである。

is岩殿城岩盤02

 近くでこの巨大岩盤を見れば、城に興味がない人でも、大自然の奇観として楽しめると思う。
 ちなみにこの岩は、中央道の下り、談合坂SAから8kmほど進んだ地点の右手前方によく見える。ただしすぐにトンネルになるし、運転者は脇見運転になる方向なので注意。

 現在の登城路はよく整備されているが、35階ぐらいのビルを階段で登るようなもので、大汗をかくことになる。しかし途中の景色は素晴らしく、足元がスリリングな場所もあって、ちょっとした登山として楽しめるだろう。
 山頂に近づくと、自然石を利用した城門跡と、敵が直進しないよう通路をクランクさせた虎口がある。下の写真は城門があった場所。石垣を積まずとも巨大な岩がその役目を果たしてくれる。

is岩殿城城門跡

 岩山を登り切って城域に立つと、甲州の山々が見渡せる。下の写真は北西方向。天空の城の醍醐味が味わえる。

is岩殿城郭からの遠景

 山頂部分の稜線上には東西方向に平坦地が連続し、かつてそこに郭が連なっていたことが分かる。下から見ただけでは分からないが、意外に大きな城である。
 三国志の「泣いて馬謖を斬る」の故事(将軍馬謖は軍司令官孔明の指示を守らず、水のない山頂に布陣して大敗したため、孔明は軍律保持のため泣いて腹心の部下馬謖を斬った)のように、こういう岩山の頂上には、水がないと思われがちだが、ここは土と岩盤の間に地下水がうまく保持されるらしく、井戸が作れるので籠城ができた。

is岩殿城山頂連郭部

is岩殿城現地案内図


 この城の前身は、山岳修行の寺院とされるが、一度登り下りすればそれが実感できる。16世紀になると、この地の支配者であった小山田氏が、防衛拠点として整備した。小山田氏は後に武田信虎(信玄の父)に従属し、武田軍団の一員として、この城から関東方面の敵に睨みを利かせていた。

 代替わりして名門武田家の家督を継いだ勝頼は、よく知られているように、三河長篠の戦いで織田信長と徳川家康の連合軍に大敗した。実際にはドラマに描かれるような騎馬軍団が消滅するほどの損害はなかったとされるが、戦後処理に失敗し武田家は四面楚歌の状況に陥っていく。家臣にも逃亡する者や敵に寝返る者が相次ぎ、長篠の戦いから7年後には新築した居城の新府城(山梨県韮崎市)を捨てて東に落ち延びるはめになった。そのとき目的地に選んだのが、簡単には落とせない天空の堅城、岩殿城である。
 その頃岩殿城に居た小山田信茂は、落ち目の武田氏をすでに見限っていた。そこで新府城から落ち延びてきた勝頼一行に手勢を差し向け攻撃。岩殿城下に近づくことを拒んだ。主家の当主として迎えられると思っていた勝頼はさぞや驚き絶望したことであろう。慌てて退却するが、今度は西から追ってきた徳川勢に攻められ、ついに天目山に逃げ込んだ。その時の様子を描いたのが下の錦絵である。

勝頼錦絵
歌川国綱/天目山勝頼討死図(wikimedia commons)

 自分の生きる場所はどこにもないと悟った勝頼は、ごく僅かな将兵や親族とともに、天目山の山中で自害して果てる。その様子を描いたのが下の凄惨な錦絵である。

勝頼自刃の図
月岡芳年/勝頼於天目山遂討死図(wikimedia commons)

 岩殿城は名門甲斐武田氏の滅亡に手を貸した城といえ、それが岩殿城の歴史で一番有名な出来事となった。
 もし勝頼が岩殿城を選ばず、勝頼を迎える準備をしていた真田昌幸の岩櫃城(群馬県)に向っていれば、もう少し生きることができたであろう。なんせ昌幸はわずか2千の兵で徳川軍3万8千をよく防ぎ、攻略を諦めさせた名将である。しかし岩殿城の堅固さと近さが、疲れ果ててた勝頼と家臣達に悪い選択をさせたのだろう。

 その後の岩殿城主小山田信茂は、武田氏から織田氏への乗り換えを図り、領地の安堵を願ったが、信長の信用を得る事ができず、捕らえられて殺されてしまう。領地に深く根を下ろし、自領の独立性を守ろうとする古いタイプの地侍は、織田軍団に不要と思われのであろう。ただし、極めて優れた天然の要害である岩殿城の方は、小山田氏が滅んでも廃城とはならず、江戸時代になっても甲府城の後詰めの城として残されていた。
 幕末、岩殿城に近い勝沼あたりで、近藤勇が率いる幕府軍と、江戸に向う官軍との衝突があったが、岩殿城は両軍から無視され全く関わっていない。それは高い山の上から、はるか下に見える街道を進む大軍を阻止することなどできないからだ。地域の領主の権威を巡って少数の軍勢同士が槍と弓で戦う山城の時代は、とっくの昔に終わっていたのである。

 山頂の西寄りの郭に一段高くなった場所があり、のろし台と伝えられているが、現在そこにはテレビの中継施設など電波設備が置かれている。遺構と景観を損なうものではあるが、電波を使った通信が現在ののろしとすれば、これは正しい利用法といえよう。

is岩殿城山頂電波塔

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ