備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

古墳の話「森将軍て誰やねん」

2014年最初の更新です。本年もどうぞよろしくお願いします。(下の写真は今回の記事とは無関係な年賀状)
カワセミ冬02

 新年早々に昨年秋の話題で恐縮だが、上越市から長野市にかけて撮影旅行に行った際の出来事である。3日間の日程を終えて帰路つき、国道18号線を使って善光寺平(長野盆地)を南下していたとき、左手の山の頂上に淡い黄褐色の壁があり、その上に円筒埴輪らしきものが並んでいるのが見えた。どうも大きな古墳のようである。その姿にどこか心魅かれるものを感じ、道を左に折れて正体を突き止めることにした。

 山麓に着くとそこには「千曲市森将軍塚古墳館」という立派な博物館があった。ビンゴである。「あれはやっぱり古墳の埴輪か。でも何で山の上やねん。そもそも森将軍て誰やねん」と、増々興味が深まった。
 しかし、博物館の入口にあったポスターや看板を見ても、森将軍のことがよく分からない。キョロキョロしていると受付の方が「間もなく山の上の古墳に行くバスが出ますが、どうされますか ?」と親切に声をかけて下さったので、博物館で委細を確かめる前にとりあえず山上の現場に向うことにした。山上へ通じる道は一般車の進入禁止となっているので、古墳館と山頂を結ぶ有料シャトルバスを利用するか、自分の脚でせっせと登るかの二者択一となる。
 バスは急な坂道をぐんぐん登り、あっという間に山上の停留所に着いた。短い乗車時間とはいえ徒歩なら途中で後悔しそうな坂道である。バスを降りて少し歩くと大きな古墳らしきものが姿を現した。
森将軍塚古墳
 森将軍塚古墳は狭い尾根に不釣り合いなほど巨大な前方後円古墳で、今から千数百年前の姿に復元されていた。
 後で知ったのだが、森将軍塚古墳は小学6年社会科の教科書(東京書籍「新しい社会」など)に出ているような有名な古墳であった。まったく無知にもほどがある。反省しきり。埴輪が目にとまらなければ一生知らずじまいであったかもしれない。外に出たらキョロキョロすることは大事だな。

 タイトルの「森将軍」の正体であるが、それは森さんという人がいたのではなく、「森」という場所にある「偉い人の塚」という意味らしい。昔の庶民がイメージする一番偉い人物は、たまに暴れん坊だったりする「将軍様」であったのだろう。誤解を防ぐ表記なら「森地区/将軍塚」となろうが、筆者は「森将軍」の方が好きである。エジプトのピラミッドと違い日本の古墳には文字が刻まれていないから、埋葬されているのが誰かは分からない(○○天皇陵などと呼ばれる古墳もあるが、それらは関連文書や周辺状況から推測したもの)。だから突然「森将軍」などといわれると驚くし、愉快な気分にもなるのだ。

 森将軍塚古墳館の資料によると、この古墳について書かれた文書は明治16年(1883年)のものが最も古く、そこには「屋代村の将軍塚」の名で記載されているとのこと。屋代は現在も使われている付近の地名で、森将軍塚の最寄り駅も「しなの鉄道/屋代駅」である。長野盆地は古くから開けた場所なので、いずれもっと古い文書が見つかりそうな気もするが、他に別の塚もあるので、位置や大きさを示す記述がないと特定は難しそうだ。
 「森将軍」の名前が最初に出てくる文書は、大正12年(1923年)の「長野県史跡名勝天然記念物調査報告書(文化財保護法の前身となる史蹟名勝天然記念物保存法に対応するための調査)」とされ、以後その名前が使われるようになったという。

古墳配置
 森将軍塚古墳から見える付近の山々には、川柳将軍塚古墳、越将軍塚古墳、土口将軍塚古墳、倉科将軍塚古墳など多数の古墳があり、それらは善光寺平を取り囲むように築かれている。上の写真は森将軍塚古墳に置かれた展望案内板で、分かり易いよう古墳の位置に赤い矢印を書き込んでみた。
 このような位置に古墳を築けば、山裾の平地からよく見えるので(そのおかげで筆者も国道から古墳の存在を知ることができた)領民は日常的に領主の宗教的権威や支配力を感じながら暮らすことになるだろう。苦労して山の上に大きな古墳を築いた理由はここにあると思われる。
 また森将軍塚古墳の周囲には、13基の小さな円墳のほか、小さな石棺や瓶棺などが多数発見されており、それらは古墳の完成後に埋葬された子孫や縁者の墓と考えられている。
森将軍塚古墳部分
 森将軍塚古墳は10年以上に及ぶ発掘解体調査の後、内部構造を含め完成当時の姿に復元されているが、調査が始まる1981年以前は草木に覆われた山の一部で、方形の墳丘の角などは摩滅したように崩れた状態になっていたようだ。
 平地に築かれた前方後円墳は、文字通り円形と方形の墳丘を直線上に並べた形になっているが、森将軍塚古墳は曲った尾根の上に目一杯の大きさで造ったため、円部は変則的な長楕円となり、古墳全体を「く」の字状に変形させてある。
 全長は約100mもあり、長野県では最大の規模で、1日200人の労働者を動員しても、着工から完成までに1年半を要するという試算がなされている。上の写真に見える墳丘の表面を覆う葺石のうち、傾斜が急な部分には、復元の際に古墳時代のものより奥行きのある石材を使用し、裏込石を入れるなど崩壊を防ぐ改良を施したという(丈夫な石積みの構造は以前こちらに少し書いた)。古墳時代には中世末〜近世の城郭を凌駕するような巨大墳丘が築かれているが、石積みの技術は未熟であったようだ。
森将軍塚俯瞰図
森将軍塚古墳俯瞰図(現地案内板より)

 森将軍塚古墳の見所は、山の尾根上に築かれた巨大な墳丘と、その内部にある巨大な石室である。下の写真は森将軍塚古墳館に展示されている石室の原寸大模型(実際の石室で型をとり、一つ一つの石の形まで正確に再現されている)。
森将軍塚古墳石室
 石室は約7.6m×2m(10畳ほど)の広さで、床面はロの字形に粘土が盛られ栗石が敷かれている。壁の高さは約2.2mと中で人が暮らせるほどの容積を持つ。築造当時、石室の内面にはベンガラ(赤色の顔料)が塗られていたが、顔料を石に固着させる技術が未熟で(技術はあったが面が大きいので予算を節約したのか、剥がれたベンガラを後で目にすることはないので技法選択の失敗に気づかなかっただけなのかもしれないが)、長い年月の間に剥がれた粉末状のベンガラが埋葬品の上に降り積もった状態になっていたようである。
 床には古墳の主が眠る木棺が置かれていたと思われるが、盗掘によって石室内は空っぽの状態であった。
森将軍塚石室
 面白いことに森将軍塚古墳は、最後の盗掘者の名前が明らかになっている。それは幕末生まれの「塚掘り六兵衛」こと北村六左衛門で、明治時代に石室の短辺側の壁(上写真の手前側)に穴を開け内部に侵入した。しかし、値打ちのあるものは六左衛門以前の盗掘者によって持ち出されており、全くの骨折り損であったという。彼は他の塚にも穴を開け、勾玉などを売って小遣いにしたほか、石材などを運びだして田畑の土木整備に利用したという。
 盗掘者というと一攫千金を狙う盗賊のようであるが、その実体は六左衛門のように、付近の農民が塚を掘って売れそうなものを拾ってくる程度のことが多かったのではなかろうか。六左衛門は近所の子供に飴をやって穴掘りを手伝わせていたという。もちろん古い塚を掘り返して小遣い稼ぎをすることに抵抗を感じる人も多かったであろうから、「塚掘り六兵衛」の異名には、近所の人の六左衛門に対する恐れと軽蔑が含まれていたと思われる。

 この記事を書くのに「千曲市森将軍塚古墳館ガイドブック(監修 : 千曲市教育委員会)」を参考にさせていただいた。森将軍塚古墳館などで購入(一冊1,000円)できるので、森将軍に興味をもたれた方は現地の見学とともに一読をお薦めしたい。
 

文化財

ディズニーランダゼイションと文化財の接点

ムツゴロウトイレ

 ディズニーランダゼイションとは、建築学者の中川理が名著「偽装するニッポン―公共施設のディズニーランダゼイション」の中で解き明かしている観念だ。
 直接的な言葉の意味は建築デザインの「ディズニーランド化」だが、もう少し説明すると、例えば遊園地にあるような何かの形を真似た、珍妙で、突飛で、チープな建物を、土地の景観や歴史との整合性を無視して(公共的な目的で)建ててしまうような精神性というか、行政システムのようなものといえる。
 そのデザインコンセプトには、地域住民や来訪者に「親しまれ」「夢を与える」もので、地域の「伝統」「文化」「名産品」「自然環境」などを「分かりやすく伝える」といった期待が込められているのだが、実際に完成してみると、見る者が違和感を覚え、町の変な風景として路上観察者に失笑ネタを提供することになる。

 トップの写真はムツゴロウなど干潟の生物が間近に見られる海浜自然公園「海遊ふれあいパーク(佐賀県小城市)」のトイレ。目をひくのでディズニーランダゼイションのイメージというか、本稿の表紙として貼った。ただしこの公園は、子供がムツゴロウと泥遊びを楽しむ場所でもあるので、こうした色や形には一定の合理性があり、子連れの家族などには歓迎されているようだ。
干潟の子

 下は夕張市の観光施設「石炭ガラス工芸館」(夕張市は1970年代から基幹産業である炭鉱の閉山がが相次ぎ、市の存続をかけて観光事業に邁進したが、経営を軌道にのせることがかなわず、ついには市の財政が破綻。財政再建団体に指定されるという気の毒な歴史を持っている)で、夕張市の石炭総合レジャーランド構想の一環として1987年にオープンした。こういうチープなメルヘン系建物もディズニーランダゼイション物件の資格が十分にある。
 ガラス工芸は体験観光の定番となっており、関連施設は全国に300カ所以上、その1割近くが北海道にある。石炭とガラス工芸を結びつけたのは夕張市らしい発想だと思うが、業績が振るわず1994年に閉鎖された。
石炭ガラス工芸館正面
 デザイナーが「参考になる写真があったんで、予算の範囲内で再現してみましたたとえばこんな」といったかどうかは知らないが、まあだいたいそんな感じのデザインでしょ。大人の割り切りと諦めが感じられる。
 しかしこの建物で一番目を魅くのは投げやりなデザインではなく、ハリボテの尖塔や破風と時代を帯びた本物のレンガ構造が一体になっていることだ。
石炭ガラス工芸館
 石炭ガラス工芸館は、文化財クラスの堂々たるレンガ建築「旧北炭楓鉱発電所(1913年竣工)」に、ハリボテをくっつけるという、なんとも大胆な手法で造られていた。全国各地にあるメルヘンチックな安普請の中では、あまり例を見ない珍品である。
 1987年当時は産業遺構の価値が今ほど理解されておらず、施工主が単に古いものをリサイクルするという感覚でいたのは仕方がないと思うし、炭鉱が消えた町の再生のため、思い付くことを前のめりになって推進していた時期だったから、細かい事にかまっていられなかったのだろう。おりしもバブル景気が膨らみ始めた時期である。リゾートブームの名の下、それまで見向きもされなかった山林にまで値段が付き、日本各地に今見ると恥ずかしいような物件が次々に建てられていった。
石炭ガラス工芸館裏
 石炭ガラス工芸館こと北炭楓鉱発電所は、竣工から100年に及ぶ歴史の中で、発電所の統廃合による発電停止・閉山・観光施設としての再出発・業績低迷・閉鎖・夕張市の経済破綻・・・といった数々の悲しい歴史を体に刻みつけている。安普請のメルヘン物件は建物としての物理的な寿命は短いが、こうしたレンガ構造の建物は今後も長く姿を保っていくだろう。次の100年も日本の産業史の証人として、また時代に翻弄された地方経済の証人として生き残ってほしいと思う。空知総合振興局地域政策課によると、保存状態はよいとのこと。
 下の写真は北炭楓鉱発電所の近くにある北炭瀧之上発電所(1925年竣工)である。同じ北炭の発電所だが、こちらは閉山まで稼働しており、その後は北海道企業局の発電設備として使用(というより動体保存の状態)されている。両発電所の運命の明暗を思わずにはいられない。
瀧之上発電所

 夕張の石炭ガラス工芸館は、地域と自らの繁栄を願う人々によって性急に作られ、あっという間に消えていった徒花という位置づけで誰もが納得できると思うが、次はその位置づけがちょっとややこしい。完成して間もない現在進行形の物件で、今後も公共施設として長く使い続けなければならないのだ。でもこれは、我々に地方経済の衰退と復興、そしてディズニーランダゼイションについて、重要な示唆を与えてくれる例証になると思うのでとりあげた。
深谷駅
 それはJR高崎線(埼玉県大宮駅〜群馬県高崎駅)にある深谷駅の駅舎(1996年竣工)である。この駅舎の前に立ったとき、最初に頭に浮かんだのはディズニーランドのシンデレラ城である。シンデレラ城はドイツのノイシュヴァンシュタイン城などをモデルにした、ディズニーランダゼイションの確信犯というか、ゼイションではなくディズニーランドそのものの建物である。
 読者の方から、ノイシュヴァンシュタイン城に似ているのはアメリカディズニーランドの「眠れる森の美女城」で、東京ディズニーランドの方は、フランスの城や宮殿に似ているというご指摘をいただきました。ありがとうございました。フランスの城
 深谷駅を見てなぜそんなことを思ったのかというと、両方とも客席から見た芝居の大道具のようなもので、近づいて細部を見ると、たちまち板に描かれた絵(この場合はレプリカ)であることが分かるという共通点を持つからだ。シンデレラ城は内部にもゴシック様式の教会建築を模した内装を施しているが、深谷駅の場合は中に入ると日常的な普通の駅なので、たちまち夢から覚める仕組みになっている。
東京駅
 深谷駅のことをもう少し説明すると、深谷駅にとってのノイシュヴァンシュタイン城は、日本の建築史に大きな足跡を残した辰野金吾の東京駅丸の内駅舎(1914年竣工/上写真)で、その1/10程度の規模で上手くまとめられている。
 いうまでもなく深谷駅駅舎は本格レンガ構造の建物ではない。今どきの鉄骨ビルで形を作り、外面にレンガ風の装飾が施したものである。
 それでも単なる縮小模型ではなく、駅舎として使うため各部の寸法が調整されているので、プロポーションに無理が無く、前に立つと東京駅というより19世紀のオフィスビルやアパートのような印象を受ける。
 また玄関前の広場とそこへ通じる階段には、東京の四谷見附橋(1913年竣工)を模した欄干や街灯が配置され、大正初頭の雰囲気が演出されている。
深谷駅アプローチ
 下の写真は駅舎の外壁に張られているレンガ風タイル。斜めに切った2枚のタイルで化粧レンガのエッジを表現している。施工したタイル職人さん達は良い仕事をされたと思う。シンデレラ城の模造パネルは、上に行くほどブロックを小さくして城が大きく高く見えるようになっているが、深谷駅にそんな小細工はなく、いたって真っ当な、きれいなタイル張りである。
深谷駅レンガタイル2

 大金をかけて深谷駅を東京駅のレプリカにした理由は、すでに廃業した深谷市の基幹産業に関係がある。
 深谷市には地元出身の渋沢栄一が興した巨大なレンガ工場があり(1887年創業の日本煉瓦製造会社。下の写真はその最盛期の姿)、そこで作られたレンガが建築資材として日本の近代化に貢献した歴史や、市内各所に点在する味わい深い小規模なレンガ建築を市民の誇りとし、深谷市を「レンガの町」と定めて、それをアピールするためにレンガを生かした深谷駅(東京駅のレプリカのことね)を造った、と深谷市では説明している。
上敷面工場
日本煉瓦製造資料館
 日本煉瓦製造会社は、1893年に株式会社となり戦後まで生産を続けたが、高度成長期における産業構造の変化に対応できず低迷。オイルショックは乗り越えたものの、2006年に自主解散し、ホフマン輪窯(巨大なレンガ焼成窯)など、文化財として価値の高い産業遺構を深谷市に譲渡した。下は日本煉瓦製造株式会社の門扉に掲げられていた社章。
日本煉瓦製造門扉
 日本煉瓦製造株式会社のホフマン輪窯の内部。1基だけが現存し国の重文指定を受けている。
ホフマン輪窯深谷

 夕張市が閉山後も「石炭の町」をアピールしたように、深谷市も消えた産業の残像である「レンガの町」を自らのアイデンティティと定めているのは非常に興味深い。ただ石炭とレンガというそれぞれのキーワードに対する市民の思いには、大きな差があると思う。
 夕張市と石炭は文字通り運命共同であったから、市民の市政に対する評価はバラバラでも、石炭の町という自覚は全ての市民にあっただろう。一方戦後のレンガ産業は一時期を除いて低迷が続いたので、地域全体としてレンガの町という意識は少しずつ薄まってきていたはずだ。
 そこで考えたのが深谷駅にある東京駅のレプリカであり、「深谷市レンガのまちづくり条例」の制定だったのではないかと思う。ただし、35億円もする巨大なレプリカと、市の奨励金で増えた茶色いタイル張りの家の影で、辛うじて残っている民間の小規模レンガ建築が一つでも消えるようなことがないようにしてほしい。
尾高藍香惇忠生家蔵
 上は尾高藍香の生家に残るレンガの蔵。深谷市に残るレンガ建築はレンガ工場関連か、こうした民間の生活に密着した小規模なものが多いようだ。それが大切にすべき深谷のレンガ文化だと思う。

未分類

追悼 いーくん

コスモス03

 いつもこのブログに対する感想や激励を頂戴していた「いーくん」こと本間郁代さんが、この夏(8月29日)に亡くなられた。病気になっても「いつも通り」という姿勢を崩さず、毅然と闘われた末のご逝去である。当然このブログに書き込まれたコメントのいくつかは、苦痛を伴う闘病生活の合間に書かれたものである。お互いの住まいは遠く離れていたが、お見舞いに行った共通の友人を通し、私は彼女の苦しい状況を知っていた。しかし互いに連絡がとれる間は、「いつも通り」に対応させていただいた。本当に立派な方であったと思う。

 本を書く時もそうだが、書いているときに未知の読者の顔などは頭に浮かんでこない。作業中ふと思い出すのは恐い編集者の顔、同じテーマに取組んでいる同志やライバルの顔、そしてまた、読んで感想を聞かせてくれる友人知人の顔である。なので、いつも読んでくれていた友人を失ったことは、思った以上にブログに対する私のモチベーションを低下させた。何の制約も受けず、気ままに気楽に書けるブログだからこそ、影響が大きかったのだとも思う。
 でもこのまま放置していると、郁代さんに叱られそうな気がするし、ときどき写真やネタや欲求不満を放出しないと溜まる一方なので、どんどん書かねばと思っている。皆様引き続きよろしくお願いします。

 末筆ながら改めて本間郁代さんのご冥福をお祈りします。
プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ