備忘録/自然・文化・社会とニュース

文化財

信州の塔-4

 やっと涼しくなったかと思ったら、早い物でもう10月も終わり。でも信州の塔ネタはまだまだ続く(笑)。
 今回は日本の宗教史上、大きな汚点の一つである、明治の廃仏毀釈を奇跡的にくぐり抜けた名塔の紹介。

新海神社塔

 この塔は佐久市の新海三社神社の境内にある。もちろん神社が塔婆を建てたわけでなく、以前ここにあった新海山上宮本願院神宮密寺という別当寺(近世以前の神仏習合時代に神社に併設された寺院)の塔であった。江戸時代の図絵には広い境内に神社の神殿と寺の山門やお堂、塔がごっちゃに建てられていた様子が描かれている。
 この一見デタラメに見える融合は、狭い国内で土着の神と海外から来た仏が衝突するのを避けるための、日本人の優れた知恵であったと思う。
 ただ仏教は、聖徳太子の時代から権力に組み込まれ、権力行使システムの一部として勢力を拡大したから、仏教権力やその腐敗を苦々しく思っていた者も多いだろう。また江戸時代には邪宗門(キリスト教)対策の名目で、寺が地域住民の戸籍管理を行い、封建支配の末端組織となっていたから、神仏習合の場でも寺が神社より権威的であったろうことは容易に想像がつく。そこへ幕末の神仏分離と明治政府の国家神道政策である。今度は神道が国家の権力や権威と結びつき、寺院の権力や権威が崩壊した。昔年の恨みというわけでもないだろうが、日本全土に廃仏毀釈の嵐が吹き荒れることになる。

 余談になるが、現在の戸籍制度は江戸時代の寺受け制度の残像に過ぎないから、消滅しても何ら不都合はない。家柄という虚構で利益を得ている怪しい輩は別として、多くが下層武士か町人出身である現代の庶民が、こんなものの存続を認めているのは理解に苦しむ。

 新海三社神社とともにあった別当寺も、明治の神仏分離によって神社から切り離され堂宇は破却。寺宝や資料の多くは散逸した。幸いなことに廃寺とはならず、別の場所に移転し上宮寺と名前を変えて今日に至っている。本来なら三重塔もいっしょに破却される運命にあったのだが、当時新海神社は塔を倉庫として使っており、壊すと荷物の置き場に困るので、奇跡的に破却を免れた。
 現在の新海三社神社は歴史や文化財に造詣が深く、そのあたりの事情も説明板に記載し、塔を同じ重要文化財の社殿とともに保護管理されている。撮影にお邪魔したときには、費用と手間のかかる古式の杮葺きで社殿の屋根の修理が行われていた。
 
 この塔の成立年は明らかになっていないが、相輪(塔のてっぺんの角飾り)につり下げられた宝鐸(風鈴のような飾り)の一つに嘉承2年(1107年)に塔を田口山城守長慶が建てたという文字があり、また別の宝鐸には永正12年(1515年)の年号とともに田口氏一族の名前があるという。写真は相輪とそこにたくさんぶら下がる宝鐸。その一つを丸で囲んだ。

新海神社相輪

 古い年号のある宝鐸は江戸時代の作で、根拠不明なので歴史資料としては無視されているようだ。おそらく田口長慶が塔に関係したという話だけが江戸時代にも伝わっていて、時代考証せず適当な年号を入れたのかも知れない。
 また、上宮寺に辛うじて残っていた梵鐘には天文12年(1543年)の年号と田口氏の名前が見られるというので、16世紀頃この寺は、地元で一定の勢力を持っていた地侍の田口氏の援助を受けていた(田口氏菩提寺?)ことは確かだろう。1515年あたりが正解かもしれない。いずれにしても、神仏分離時の廃仏毀釈で寺の資料まで消滅したことが悔やまれる。

 この塔の造作で目を引くのは、一層目の屋根の垂木と二層三層の屋根の垂木の構成が違う事だ。一層目が垂木が放射状に広がる扇垂木で、上の層は垂木の方向が直角に交わる繁垂木になっている。扇垂木の方が手間のかかる難しい工法だが、一層だけでやめてしまうというのは腑に落ちない。ほかにも層ごとに細部の形式がバラバラな所が見られる。江戸時代の修理が自由奔放に行われたか、大工の技術が時代ごとにまちまちだったのか。このあたりも寺の文書が残っていればと思う。
 このように層ごとに垂木の形式が変わる例は、安珍清姫で有名な和歌山の道成寺の三重塔にも見られる。あちらは江戸時代の再建で、三層目だけが扇垂木になっている。これもよく分からない。

新海神社棟

 最後に廃物希釈についてもう少し説明しておきたい。廃仏毀釈とは日本の場合、一般に幕末の神仏分離令と明治3年の大教宣布の詔書(我が国は神道の祭政一致で運営する、朕は天神天祖の後継者である、という2本立ての天皇の詔)に端を発する神道関係者の仏教破壊活動を指す。
 言葉が難しいのでどんな事かがイメージしにくいかもしれないが、タリバンによるバーミヤンの石仏破壊に匹敵する破壊が日本各地で繰り広げられたといえば分かりやすい。もちろん明治天皇も明治政府も、寺院や仏像を破壊しろと命令した訳ではない。短絡的でイカれた神道関係者が大衆を巻き込んで暴走し、不利を悟った馬鹿坊主どもが寺を捨て国家神道体制にすり寄ったため、物理的な破壊活動がエスカレートしたといえる。もちろん破壊や弾圧は、キリスト教など神道以外の全ての宗教に及んでいる。→過去ブログ、明治政府のキリスト教弾圧関連

 廃仏毀釈で日本の寺院の半分が廃寺になったと考えられているが、その実数は不明である。破壊の激しかった薩摩藩では1,600以上の寺院が廃寺に追い込まれ、ほぼ根絶状態となったという。
 また興福寺に匹敵する大伽藍を誇った奈良の内山永久寺などは、付近の30以上の寺とともに更地になるまで破壊され、地上から一切が消滅してしまった。売りに出されたおかげで現存する僅かな寺宝は、ほとんどが重文国宝クラスで、特にドイツに売られた物に逸品が多かったという(運命のイタズラか米英のベルリン空襲で焼失)。もし寺が残っていれば、興福寺の美術館と同程度のものがもう一つ日本に存在したのかもしれない。
 その他現存している寺院にも、土地や建物、美術品を奪われるなどの被害を受けているところも多い。
 もし明治の廃仏毀釈がなければ、重要文化財クラスの建築や仏像が、今の何十倍も残っていただろう。

文化財

信州の塔-3

 3つめは長野県小県(ちいさがた)郡青木村にある美しい塔の話。
 小県郡の村は大部分が昭和のうちに上田市に吸収され、最後に残った3村のうち2村は、平成の大合併でそれぞれ隣町と合併した。よって小県郡の村は青木村だけである。日本中で馬鹿げた平成の大合併の嵐が吹き荒れたとき、青木村は合併不参加宣言をしたというから偉い。さすが反骨の村である(近世~近代に起きた信州の世直し一揆の発信源で、打ち首覚悟で一揆を指導した義民を輩出している)。この地域には「夕立と騒動は青木から起きる」という言葉があり、住民はそれを肯定的に捉えているという。住んでみたいぞ青木村。

 よけいな前置きを書いてしまったが、下が青木村大法寺の三重塔。塔は下の層から上の層にいくほど順に細くなるのだが、大宝寺の塔はその減少比が大きく安定感を感じさせる。その比率は凡そ100 : 75 : 65で、前に紹介した前山寺の三重塔は100 : 92 : 80だから、後者はかなりずん胴ということになってしまう。
 また、単純に上層を細くするだけだと、それに応じて屋根の幅も変わり、三角形の建物に見えてしまうので、1層目の軒の張り出しを浅くしてバランスを整え、さらに屋根の四隅の反りを強めることで軒が浅い印象を打ち消すという手法がとられている(もちろん反りを強めた製作者の本当の意図は不明なのだが)。なんとも素晴らしいプロポーションの塔である。

大宝寺塔

 下の写真は1層目と2層目の軒の差を示す写真。このような塔では軒を支えるL字型の部材(肘木)を3段重ねにする三手先という組み方が定石で、そのことで建物の格も表しているというのだが、一層目は全体のデザイン優先で2段重ねの二手先にとどめてある。ちょっと見えにくいかな。

大法寺組手

 このように各層の幅を大きく変えて美しく見せる手法は、それより100年以上前に建てられたであろう奈良興福寺の三重塔ですでに用いられているが、そちらは瓦屋根のうえに漆喰壁なので趣がかなり違う。頂部の装飾以外全て木と木の皮で作られ、静かな山の中に佇む姿には、南都の大寺院の建物にはない魅力がある。
 建てられたのは1333年。建築を指揮したのは大阪四天王寺の工匠ということが、大正時代の解体修理の際分かったという。どうでもいいことだが、四天王寺といえば自分が生まれた場所のすぐ近く。毎年お盆の引導鐘をついてもらいに行った場所。それを知って急に親しみが湧いた。
 あと興福寺の塔だが、子供の頃から何度も見てるし、奈良に行ったら割とよく寄るのだが(主に猿沢の池の亀の観察だけど)、デジタル時代になってから写真を撮っていないので、興福寺のサイトの写真を。なんせあの阿修羅くんのいるお寺なので知ってる人も多いかな。
http://www.kohfukuji.com/about/construction/sanjunoto.html

 このお寺には国宝塔の他、堂型の大きな厨子に入った平安時代の十一面観音がある(観音像と脇侍の普賢菩薩像、厨子、それを載せている須弥壇の4点が重文指定)、普段は厨子の扉が閉じられているのでお顔は拝見できない(事前に申し込めば見せていただけるらしいが、それを知らなかったのと、お寺の方に無理をお願いするのも何なのでお参りは外から。閉じた厨子でもありがたい仏様であるのだ。でも次回は事前に電話させてもらおっと)。
 写真を見ると少しおデブで口が少し開き気味(のように見える)のホンワカした表情で、じっと見ていると楽しく幸せな気分になる観音様である。
http://www.vill.aoki.nagano.jp/assoc/see/tera/img/tera/eleven.jpg

 下は厨子におわす十一面観音像を祀る大法寺観音堂。江戸時代に建てられた質素で素朴なお堂である(屋根は近年の改修。オリジナルは多分茅葺き)。塔が左の山の上にちょっと見えている。本当に静かで気持ちのいいお寺であった。木造建築がお好きな方は必見のお寺さんと断言する。もちろん信仰あつい方も。

大法寺観音堂

 

文化財

信州の塔-2

 一度に書くと長くなるので1つずつがいいかな。

 今日は日本の塔の中でも特に珍品とされる安楽寺三重塔のご紹介。一目で珍品と分かる八角形の塔である。
 これが現存する唯一の八角塔なんだそうな。あっ、近代建築には断面八角の塔があるな。そういうのは別。近世以前の木造で三重以上の塔の中で唯一ってことね。
 場所は信州の別所温泉の近くにある。屋根が4つあるので四重塔みたいだが、一番下のは裳階(もこし)といって廂(ひさし)にあたるのでカウントしない。一層目の壁は一階外周廊下の囲いというような構造になっており、内側に入って見上げると裳階の垂木がそのまま見えるのだそうだ。う~ん・・・見たいぞ。

安楽禅寺

 とにかく造形がすごくて、細かく連続する組物や垂木を見てると目が回る。内部は非公開だが一層内陣には八角形の天井が張ってあり、細かい細工が施されているそうだ。う~ん・・・これも見たいぞ。

安楽禅寺塔02

 今ではこれしか残っていない八角塔だが、奈良~平安時代には憧れの人気塔であったらしく、基礎がいくつか発掘されている。中でも京都市動物園から出てきた法勝寺の塔跡は九重塔で、推定高なんと80メートル!!。ほんまかいな・・・・。
 そんな建物は「雷さんこちらへどうぞ」といってるようなものなので、何百年も残ることなどあり得ないのだが、もし現存していたら高いビルが増えた現在でも遠くから見える(80メートルといったら高層マンションの28階ぐらい)。唐の都に憧れてた当時の人々には超カッコいいランドマークであったに違いない。

 その後あまり作られていないのは、なにより金がかかるということが大きいだろう。
 奈良の西大寺では、七重の八角塔を建てようとしたが諸般の事情で五重八角に。その後紆余曲折あって結局できたのは四角い普通の五重塔、ということがあったらしい。
 安楽寺の八角塔は鎌倉時代末の作とされるが、小塔とはいえこのように豪華な塔が建てられたということは、この時代の上田市あたりはが豊かで安定した地域であったといえるだろう。

追記(2011.01.08)

 記事番号58「これで塔はしばらくお休み(笑)」で紹介した武澤秀一によると、塔婆の起源となったインドのストゥーパは、参拝行動として塔の周りを歩く円運動が重要な意味を持ち、その宇宙観が空海の初代根本大塔や根来寺の大塔(それぞれ内部に円運動のスペースを持つ)の構造に受け継がれているという。
 それをふまえて八角塔の一層目の裳階(もこし)と、その下の木製の外壁を見ると、それは単なる装飾ではなく、塔の周りを回りながら祈る特別なスペースを作り出し、さらには参拝者を信州の寒さから守る実用性も兼ね備えた設備ということになる(もちろん四角でなく八角であることも円運動に関係しているといえる)。
 残念ながら一般人は中に入れないのでスペースの確認は出来ない。一層目の平面図を探してみたい。

 現在の安楽寺は曹洞宗であるが、塔が建てられてた頃は密教寺院であったことも、インドのストゥーパ参拝との関連を裏付けるものと思う。

文化財

信州の塔-1

 またしても、更新をサボってしまった。撮りためたネタを少しアップしておこう。

 前にも少し書いたけど塔めぐり。国宝、重文クラス物件はざっと120ほどだから、コレクションとしては適正規模。しかも1年中そこにあるのだから、日本産のチョウやトンボを120種集めるよりずっと簡単だし、それなりに満足感もある。というわけで、終盤に近づいた日本の城郭と近代化遺産めぐりと平行して、昨年あたりから塔めぐりを旅行の余禄に加えることにしている。

 まだ写真が少ないので、コレクションとして自慢できるようなものではないが、とりあえず最近行った信州の三重塔を。
 三重塔というのは奈良薬師寺のツインタワーは別として、五重塔より地味である。目立つ建築物でありながら小ぶりで威圧感がなく、中でも桧皮葺や葺の屋根の物件は素朴で上品。そんなところが魅力と言える。信州の5塔はいずれも国宝・重文だけあって、なかなかの名品揃いである。

前山寺塔01

 これは上田市の前山寺の塔。「未完成の完成品」などと呼ばれているが、その名の通り、柱と屋根などの主要部分が完成したところで柱間に簡単な板壁をはめて、工事を終わりにしてしまった塔である。だから2層目3層目には廻縁や高欄はもちろん窓さえなく、ただの木箱のようになっている。
 しかしながら手抜き工事の半完成品といった印象は薄く、基本デザインが勝れているので全体のフォルムが美しい。未完に終わったことすら一種のドラマ性として魅力の一部になっているといえるだろう。
 下の写真は2層目の角。廻縁や高欄の土台となるはずの胴抜が柱から突き出している。また本来なら窓となる部分がただの板壁になっているのが分かる。

前山寺塔02

 未完になった理由としては、鎌倉時代にこの地を支配した北条一門が、新田義貞ら倒幕軍の攻撃に備え鎌倉に退いたため、寺は有力な支援者を失ったという説があるが、重文に指定した文化庁は、この塔の製作年代を室町後期と推定している。いずれにしても鎌倉末期から室町末期までは、全国的に政治が不安定であったから、寺院建設が中断することなど日常茶飯事であったろう。
 これがもし地元の工匠の手によるものとすれば、少しずつでも完成に向けた工事が続けられたと思うが、未完のまま止まってしまったということは、上方あたりの技術者集団を招聘して建築を進めていたものの、何らかの問題が生じて職人達が去り、以後戻ることが無かったのではないかと思う。
プロフィール

Kimupon_Cicadan 木村 義志

Author:Kimupon_Cicadan 木村 義志
出身地 : 大阪市
現住所 : 東京都
1955年生まれ
科学図書執筆編集のお仕事
分野は生物学系

写真は特にクレジットや注釈がない限り筆者の撮影です。記事や写真についてのお問合せはなんなりと。
小さな写真はそれをクリックすると大画像が開きます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ